« 前  

2017年9月25日(月)

  次 »
  • トランプ大統領は22日、試合前の国歌演奏中に膝をついて人種差別と警察の暴力に抗議したプロフットボールリーグ(NFL)やプロバスケットボール(NBA)の人気選手たちの行為を批判しました。24日には全米各地のフットボールチームが膝をついてトランプ大統領に抗議、アスリートによる抗議としては近年最大規模となりました。アスリートによる前代未聞の政治アクティビズムがトランプ政権下で果たす役割、試合で国歌を流すことの政治性について考えます。カリフォルニア大学バークレー校の社会学の名誉教授で、今年50周年版として再刊されたThe Revolt of the Black Athlete(『黒人アスリートの反乱』)などの著書があるハリー・エドワーズ博士に聞きます。エドワーズは1968年五輪大会で人権プロジェクトを立案し、長年サンフランシスコ・フォーティナイナーズの顧問を務めています。ネイション誌のスポーツ編集者のデイブ・ザイリンにも話を聞きます。ザイリンは、試合前の国歌演奏には長く神聖な歴史があると思われがちだが、テレビ番組"Jersey Shore"やジャスティン・ビーバーの時代(2009年)にまでしかさかのぼることはできないと語ります。

  • トランプ大統領は22日アラバマ州ハンツビルで演説し、試合前の国歌演奏中に地面に膝をつき、人種的な不公正に抗議する行為がスポーツ選手に広がっていると批判しました。これはサンフランシスコ・フォーティナイナーズの元クォーターバック、コリン・キャパニックが始めた運動です。NFLで10年を過ごし、現在はスポーツ解説者を務めるドンテ・ストールワースは、「大統領が話題をハイジャックし、すべて自分についての話に変えてしまうのを許してはなりません」と語ります。

  • 試合前の国歌演奏中に地面に膝をつき、人種的な不公正に抗議する行為がスポーツ選手に広がっています。この抗議を始めた選手フォーティナイナーズの元クォーターバック、コリン・キャパニックの顧問を務めた人物に話を聞きます。サンフランシスコ・フォーティナイナーズの顧問を長年にわたって務めるハリー・エドワーズ博士は、キャパニックが今年の「パーソン・オブ・ザ・イヤー」に選ばれ、ノーベル平和賞にノミネートされることを期待していると語ります。エドワーズは、カリフォルニア大学バークレー校の社会学の名誉教授で、今年50周年版として再刊されたThe Revolt of the Black Athlete(『黒人アスリートの反乱』)の著者です。エドワーズは、1968年五輪大会では人権プロジェクトの立案者でした。

  • 頭部への度重なる衝撃と慢性外傷性脳症(CTE)との関連が懸念されるなか、亡くなったNFL選手111人の脳を調べたところ一人を除く全員にCTEが見られたことが最近の研究で明らかになりました。社会学者で著者、スポーツアクティビストのハリー・エドワーズは、黒人選手に仕事の機会が不足していることとCTEとの因果関係は見過ごされていると語ります。スポーツ解説者で、NFLで10年を過ごした元選手のドンテ・ストールワースにも話を聞きます。

Syndicate content