« 前  

2017年9月21日(木)

  次 »
  • 9月20日、カテゴリー4のハリケーン「マリア」が上陸したプエルトリコでは、記録的な豪雨と大規模な洪水災害で送電線が破壊され国の全土が停電となっています。プエルトリコでは2週間前のハリケーン「イルマ」により数十万戸が停電となり、その多くはまだ復旧作業が終っていませんでした。今回のハリケーンでは環境災害の可能性も懸念されています。プエルトリコには米国の「スーパーファンド法」にのっとり汚染浄化対象となっている場所が23箇所あり、中でもかつて米海軍試験区域があったビエケス島にはハリケーンがほぼ直撃しました。同島には民間企業AES所有の石炭火力発電所もあります。島中の住民が、発電所の閉鎖と、有毒な石炭灰を自分たちの地域社会に廃棄するのを止めることを同社に求めています。廃棄物は住民の健康だけでなく環境にも有害であるという主張です。ニューリパブリック誌スタッフライターとして環境問題を担当するエミリー・アトキン記者に話を聞きます。彼女は"Puerto Rico is Already an Environmental Tragedy. Hurricane Maria Will Make It Even Worse"(「環境大災害に見舞われたプエルトリコに ハリケーン『マリア』が追い討ち」)という記事を執筆しました。

  • 9月19日、トランプ大統領は国連総会での初スピーチで、米国の巨大な軍事力を自慢し、北朝鮮を「完全に破壊する」と脅しました。「核戦争は現実的脅威です」と、著名な経済学者でコロンビア大学の持続可能開発センター(Center for Sustainable Development )所長ジェフリー・サックスは語ります。「現在、これはありえない想像の世界ではなくなっているのです。ともに情緒不安定らしき二人の国家指導者が互いにののしり合っている。二人とも核兵器を所有しているのですから」

  • イランとの核合意からの撤退を促すトランプ大統領の国連総会での発言は、今日のゲスト、ジェフリー・サックス教授には聞き覚えのあるものでした。「以前、この手のレトリックが使われたのは、ジョージ・W・ブッシュの悪の枢軸発言のときです」とサックスは言います。「あのときは直後にイラクへ戦争を仕掛け、米国の軍事作戦および外交、というか反外交の、現代における最悪の失敗に踏み出すことになりました。ですから今度もまた、戦争や紛争への布石なのです。並外れた無知であり危険をはらんでいます。現在イランは交渉の合意を順守しています」。

  • 国連では9月18日、トランプ大統領の上級経済担当補佐官ゲイリー・コーンが、米国は気候変動への国際的取り組みの重要な一歩である2015年のパリ協定から予定通り離脱すると述べました。これに先立ち国連のアントニオ・グテーレス事務総長は、気候変動問題は今年の国連総会の最優先事項とすべきだと発言していました。本日のゲスト、経済学者のジェフリー・サックスは「パリ協定は参カ国193すべてに完全に均整が取れて」おり、気候変動による異常気象が引き起こした災害からの復興には、化学企業や石油企業が資金提供すべきだと主張します。

  • ビルマでは、数百の村を焼かれたムスリム少数派ロヒンギャ族40万人以上が国を脱出し、人道的危機が進行しています。国連人権高等弁務官は、ビルマ政府が教科書通りの民族浄化を行っていると非難しました。米国では、反移民感情および反ユダヤ主義を見せつける事件が増加しています。パレスチナでは、ガザ地区が居住不能になりつつあると国連が警告しています。強制収容所と反ユダヤ主義について、ジャーナリストで作家のアンドレア・ピッツァーに話を聞きます。先日、発売されたばかりのピッツァー記者の著書はOne Long Night: A Global History of Concentration Camps(『長き一夜:強制収容所の世界史』)というタイトルです。

Syndicate content