« 前  

2017年9月15日(金)

  次 »
  • ハリケーン「イルマ」の影響でフロリダ州ハリウッドにある老人ホームで入居者8人が死亡したことについて、フロリダ州当局は捜査令状を取りました。被害者は71歳から99歳の入居者でした。彼らが死亡したのはハリウッドヒルズにあるリハビリセンターで、ハリケーンの後に変圧器が機能しなくなり老人ホームの空調設備が停止していました。当局によると、老人ホームの経営者たちは空調設備が停止したことを知っており、扇風機やポータブル冷風機を施設内に設置していました。しかしこの改善措置は、うだるような暑さから入居者を守るためにはあまり役立ちませんでした。13日の早朝午前3時、老人ホームの入居者1名が、この施設がある通りの向かい側にある最高レベル外傷センター、メモリアル・リージョナル病院の緊急救命室に運び込まれました。この病院は午前5時に3度目の緊急救助要請を受けたため、職員数名が老人ホームの様子を調べるため通りの向かいの施設を訪れました。事態がかなり深刻だと判断した職員の連絡で、病院側は「大量死傷者規則」に従って50人以上の医療スタッフを送り込みました。少なくとも150人が避難しましたが、その多くが重度の脱水症状もしくは熱中症の症状を示していました。1199SEIU 統一医療労組東部(United Healthcare Workers East Union) の副代表デール・イワートに話を聞きます。また、死亡した8人について取材を行った地元紙サン・センチネルのスティーブン・ホッブスにも話を聞きます。

  • ハリケーン「イルマ」は、1週間前に米領バージン諸島に上陸した時点では、カテゴリー5の猛烈なハリケーンであり、停電や洪水、情報伝達手段の切断など大きな被害を引き起こしました。ケニス・マップ知事の発表によれば、セント・ジョン島とセント・トーマス島のほぼ全島がいまだに停電している状態だということです。セント・トーマス島の学校や主要病院も破壊されました。。「イルマ」の破壊力はすさまじく、宇宙からもそのすごさが見てとれるほどです。今週始め、米軍輸送艦艇がセント・トーマス島に到着し備品や援助物資が運び込まれました。近隣の島であるプエルトリコではボランティアが団結して集めた援助物資を何十隻もの船で輸送し島の住民はその緊急物資を受け取りました。しかし、ハリケーン「イルマ」は、フロリダ州キーズ諸島に上陸する数日前に米国領ヴァージン諸島を直撃したため、連日報道されている米国メディアのハリケーン報道では、ヴァージン諸島はほぼ忘れ去られてしまっています。米国領ヴァージン諸島は米国領となってから100周年を祝っている最中だということを考慮するとこの見落としは衝撃的といえます。本日はセント・トーマス島の土着民で賞受歴ある詩人、ティファニー・アニークに話を聞きます。彼女はウェズリアン大学の英文学科の准教授で、詩集Wife(『妻』)や小説Land of Love and Drowning(『愛と溺水の地』)の著者です。

  • 本日は南アジアの破壊的洪水について見ていきます。南アジアでは4100万人以上が洪水に見舞われ避難を余儀なくされています。最近数カ月だけでも、バングラデシュ、インド、ネパールでは少なくとも過去40年で最悪の洪水にみまわれ1,300人以上が死亡しました。4000万人以上が家や稼業、農作物が破壊されるのを目の当りにしました。気候変動研究者によると、今後10年間で天候パターンが変わりこの地域のリスクが高まるため、同地域での破壊的な洪水は増加すると予想されています。国連国際防災戦略事務局の報告書によると、1995年から2015年の間で洪水は天候に関する地球規模の災害の47%を占めています。影響を受けた23億人のうち95%がアジアの住民でした。ネパールのカトマンズにある国際総合山岳開発センター(International Centre for Integrated Mountain Development) の所長であるデイビッド・モルデンに話を聞きます。この団体は、アフガニスタン、バングラデシュ、ブータン、中国、インド、ミャンマー、ネパール、パキスタンの南アジア8か国で調査を行っています。

Syndicate content