« 前  

2017年9月14日(木)

  次 »
  • 本日の放送は、世界的に有名な英国のミュージシャンであり、伝説的なロックバンド「ピンク・フロイド」のオリジナルメンバー、ロジャー・ウォーターズに話を聞きます。近年ウォーターズは、イスラエルのパレスチナ人に対する扱いに抗議するBDS(ボイコット・投資撤収・経済制裁)運動を支持する最も著名なミュージシャンのひとりとなっています。ウォーターズは9月15~16日にニューヨーク州ロングアイランドでコンサートに出演予定ですが、ナッソー郡当局者は地元の反BDS法に基づきこの企画を中止させようと試みています。それでもウォーターズはこの運動についての発言をやめようとしません。先週、ウォーターズはニューヨークタイムズ紙に、
    "Congress Shouldn’t Silence Human Rights Advocates"(「議会は人権保護活動家の口を塞ぐべきではない」)と題された論説を寄稿し、上院がBDS運動の支持者を沈黙させる法案を検討していることを批判しました。本日のインタビューは13日に収録されたものです。

  • 伝説的な英国のロックバンド、ピンクフロイドのオリジナルメンバーであるロジャー・ウォーターズに話を聞きます。ウォーターズは先日、The Occupation of the American Mind: Israel’s Public Relations War in the United States(『米国人の心の占領――イスラエルの米国における広報戦争』)と題されたドキュメンタリーのナレーターを務めました。このドキュメンタリーの抜粋を放送しつつ、ロジャー・ウォーターズとサット・ジャリーに話を聞きます。 ジャリーはマサチューセッツ大学コミュニケーション学教授で、この映画を製作した「メディア教育財団」(Media Education Foundation)創設者であり理事長です。

  • 先週、元ピンクフロイドのロジャー・ウォーターズはニューヨークタイムズ紙に"Congress Shouldn't Silence Human Rights Advocates"(「議会は人権活動家の口を塞ぐべきではない」)と題された記事を寄稿し、イスラエルに対する「ボイコット・投資撤収・経済制裁」(Boycott, Divestment and Sanctions/BDS)運動の支持者を黙らせるための法案を上院が審議していることを批判しました。この法案は、個人がBDS運動に関わることを犯罪化しようとしています。ウォーターズと、「メディア教育財団」(Media Education Foundation)のサット・ジャリーに話を聞きます。加えてBDS運動に対する批判と、運動への賛同を拒否したレディオヘッドのトム・ヨークと公の場で喧嘩となった件についてもウォーターズに聞きました。

Syndicate content