« 前  

2017年6月13日(火)

  次 »
  • トランプ大統領はメリーランド州とワシントン・コロンビア特別区の司法長官に「前例のない憲法違反」で提訴されました。さらに、別の連邦控訴裁判所がトランプのイスラム入国禁止を無効としました。ベストセラー作家で、新刊No Is Not Enough: Resisting Trump’s Shock Politics and Winning the World We Need(『ノーでは足りない:トランプのショック政治に抵抗し我々に必要な世界を勝ち取る』)の著者であるナオミ・クラインに時間いっぱい話を聞きます。

  • ナオミ・クラインが、今では象徴的な存在になった彼女の著書『ショック・ドクトリン』を出版してから10年経ちました。ベストセラー作家で活動家のクラインが、トランプ大統領が象徴するある種の継続的なショックと、そして彼が大統領の椅子をつかむためにおこなった、政治運動を超えたブランディング・キャンペーンについて考察します。ナオミ・クラインの最新刊は、No Is Not Enough: Resisting Trump’s Shock Politics and Winning the World We Need(『ノーでは足りない:トランプのショック政治に抵抗し我々に必要な世界を勝ち取る』)です。

  • 6月第2週末、シカゴの「民衆サミット」(People’s Summit)に4000人以上が集まりました。講演者の中には、バーモント州上院議員のバーニー・サンダースもいました。彼は、民主党の政策を完全な失敗とし、トランプ大統領選出について同党に責任があると述べました。一方、前日の6月8日、英国の労働党は、英総選挙で衝撃的な数の新たな議席を勝ち取りました。労働党党首のジェレミー・コービンは次の英首相になる可能性が高そうです。こうした反政府的で進歩的な政治家たちについて、ベストセラー作家でジャーナリストのナオミ・クラインに話を聞きます。彼女の新刊は、No Is Not Enough: Resisting Trump’s Shock Politics and Winning the World We Need(『ノーでは足りない:トランプのショック政治に抵抗し我々に必要な世界を勝ち取る』)です。

  • 2015年に合意された画期的なパリ気候変動協定は「撤回不可能」であるとする主要7カ国(G7)の共同声明に、米国が署名を拒否しました。米国は6月12日、共同声明に署名する他の6カ国には加わらないと発表しましたが、すでにトランプ大統領は米国はこの歴史的な協定から離脱すると発表していました。パリ協定、気候変動とトランプ政権について、ベストセラー作家でジャーナリストのナオミ・クラインに、さらに詳しく話を聞きます。彼女の新刊は、No Is Not Enough: Resisting Trump’s Shock Politics and Winning the World We Need(『ノーでは足りない:トランプのショック政治に抵抗し我々に必要な世界を勝ち取る』)です。

  • トランプ大統領の就任以来、米国と世界は、「女性たちの行進」(Women’s March)、「人々の気候変動行進」(People’s Climate March)、「科学のための行進」(March for Science)、「真実への行進」(March for Truth)を含む、一連の大規模な全米展開の抗議行動に揺るがされています。6月第2週末には、4000人以上の人々がシカゴの「民衆サミット」(People’s Summit)に集まりました。トランプへの抵抗について、ベストセラー作家でジャーナリストのナオミ・クラインにさらに詳しく話を聞きます。6月第3週に出版される彼女の新刊はNo Is Not Enough: Resisting Trump’s Shock Politics and Winning the World We Need(『ノーでは足りない:トランプのショック政治に抵抗し我々に必要な世界を勝ち取る』)です。

Syndicate content