« 前  

2017年6月9日(金)

  次 »
  • 英国が欧州連合(EU)からの離脱交渉に入るまで2週間を切った8日、総選挙の結果テリーズ・メイ首相率いる保守党が議会の過半数を割る大きな敗北を喫しました。メイ首相は英国のEU離脱(ブレグジット)をめぐる欧州各国の首脳陣との交渉に向け、国内の信任を固めたいと、規定より3年前倒しの抜き打ち総選挙に踏み切りました。ところがふたを開けてみると、保守党は明確な多数を勝ち取ることができず、どの政党も単独過半数にとどかない「ハングパーラメント」の状態となりました。「少数ではなく、多数の人々のために(For the many,Not the few)」という基本方針を掲げた労働党のジェレミー・コービン党首は、8日の選挙結果は有権者が「緊縮政策に背を向けた」ことを示していると話しました。英ガーディアン紙のコラムニスト、ポール・メーソンと、受賞歴のあるイギリス人ジャーナリストのメディ・ハッサンに話をききます。彼はアルジャジーラ英語放送のインタビュー番組「UpFront」の司会を務め、『インターセプト』のコラムニストです。

  • 解任されたジェームズ・コミー前FBI長官は8日の議会証言で、マイケル・フリン前国家安全保障担当補佐官とロシアとの繋がりに関する捜査をトランプ大統領が妨げようとしたと語り、自身の解任理由についてトランプが嘘をついていると非難しました。トランプとの面談の全てを記録したのは、面談で起きたことについて大統領が嘘をつくかもしれないと思ったからだとコミーは証言しました。また、面談の詳細をメディアに流出させたのは、特別検察官の指名を促すためだとも話しています。「政治的な見地からは、ドナルド・トランプの大統領就任、候補者としての資格や大統領としての資質において最大の欠点は、彼が繰り返し嘘をつくことです。この国の法執行機関の元トップが上院議会で、宣誓の下に、これらは嘘だと証言しているのです。単純明快です」と、メディ・ハッサン記者は語ります。ハッサンは、受賞歴のあるイギリス人ジャーナリストで、アルジャジーラ英語放送でキャスターを務め、『インターセプト』のコラムニストです。憲法上の権利センター(Center For Constitutional Rights)上級弁護士シャヤナ・カディダルと独立ジャーナリストで、自身のウェブサイトEmptyWheel.netで国家安全保障と市民的自由について報道しているマーシー・ウィラーと共に討論を行います。

  • ドナルド・トランプがジェームズ・コミーとの会話を録音していたか否かが、8日の上院情報委員会におけるコミー前FBI長官の衝撃的な宣誓証言の中で幾度も取り上げられ、トランプ大統領を司法妨害を理由に弾劾する決定的な証拠が存在するか否かの問いが浮上しています。しかしメディ・ハッサンは、「トランプ弾劾の議論は、リベラル派の幻想です」と語ります。「共和党が多数を占める下院議会はドナルド・トランプ弾劾にまったく関心がないと思います。たとえトランプがロシア語でプーチンに進軍命令を要請するところのビデオを見せられたとしても、ポール・ライアンや仲間の議員たちが弾劾に動かないのではないかと思います」。

Syndicate content