« 前  

2017年4月21日(金)

  次 »
  • トランプ政権がウィキリークス創設者ジュリアン・アサンジに対する逮捕状を用意したことについて、ピュリッツァー賞受賞ジャーナリストのグレン・グリーンウォルドに話を聞きます。ジェフ・セッションズ司法長官は20日、記者会見でこの報道内容を正式に認めました。先週、マイク・ポンぺオCIA長官はウィキリークスについて、以前のような称賛とは打って変わって「敵意のある諜報機関」だとして激しく非難しました。ポンぺオ長官のこの発言は、戦略国際問題研究所でCIA長官として初めて公共の場で演説した際のものです。ポンぺオは続けて、ウィキリークスは米軍の内部告発者チェルシー・マニングに情報を盗むよう指示したと非難しました。また、ジュリアン・アサンジを「悪魔」に例え、彼は米国憲法修正第1条によって守られないと示唆しました。スウェーデン政府による逮捕状が米政府への身柄引き渡しへとつながる恐れから、ジュリアン・アサンジがロンドンのエクアドル大使館に政治的亡命を求めてから5年近くが経ちます。『インターセプト』に寄稿されたグリーンウォルドの記事は、"Trump’s CIA Director Pompeo, Targeting WikiLeaks, Explicitly Threatens Speech and Press Freedoms"(「トランプ政権のCIA長官ポンぺオがウィキリークスを狙うのは言論と報道の自由への明白な脅威」)です。

  • マイク・ペンス副大統領が20日、ISISが関与したテロを激しく非難しましたが、ベテラン調査報道記者アラン・ネアンの衝撃的な暴露記事によれば、インドネシアにおけるドナルド・トランプの後援者たちが、インドネシア大統領の引きずり降ろしを企てて、陸軍将校やISISとつながりのある自警団員の街頭運動に参加していました。ネアン記者に話を聞きます。ネアン記者は『インターセプト』へ寄稿した記事の中で、クーデターの企てに関与したインドネシア人の中には、米鉱業大手フリーポート・マクモラン社の企業弁護士がいることを明らかにしました。この会社を支配するカール・アイカーンは、トランプ大統領の顧問です。この弁護士が、ISISへの忠誠を誓う儀式に参加している場面が映っている動画も出てきました。ネアン記者によると、他の大物クーデター支援者のなかには、ドナルド・トランプと近しい間柄の人物が二人います。インドネシア下院副議長ファドリ・ゾンと、トランプのインドネシアにおける主要提携先であるハリー・タノエです。タノエは、トランプ・リゾートをバリとジャカルタ郊外の2カ所に建設中です。ネアン記者の記事はインドネシアで波紋を呼んでいます。

Syndicate content