« 前  

2017年3月20日(月)

  次 »
  • 本日20日、トランプ大統領が連邦最高裁判事に指名したニール・ゴーサッチの指名承認公聴会が上院で始まります。ニール・ゴーサッチは故アントニン・スカリア最高裁判事の後任候補です。ゴーサッチが上院で承認されれば、最高裁は保守派5人リベラル派4人となり、保守派が辛うじて多数を制します。ニール・ゴーサッチは指名を受けてアントニン・スカリアを称えました。第10連邦巡回控訴裁(高裁)判事を務めたゴーサッチは、オバマケアのもとで保険適用となっていた避妊費用を、ホビー・ロビー社が拒否できるか否かが争われたホビー・ロビー社裁判で会社側に有利な判決を下しています。ゴーサッチ判事はこれまで、人種、性、年齢、障害、政治に基づく差別や報復に関する連邦裁判において、被雇用者に不利な判決を下してきた長い経歴をもっています。フォーダム大学の法学教授ザファ・ティーチアウトと話します。ティーチアウトは最近ニューヨーク州から下院議員選挙に出馬しました。最近のワシントン・ポスト紙への寄稿記事は「最高裁判事候補ニール・ゴーサッチは大企業・大口寄付者・権力者の味方」です。

  • トランプ大統領が連邦最高裁判事に指名したニール・ゴーサッチの承認公聴会が始まりました。ゴーサッチの投票権に関する経歴を検証します。ネイション誌の上級寄稿記者アリ・バーマンと話します。バーマンの最近の記事は「ニール・ゴーサッチはメールで投票妨害を助けた共和党活動家を称賛」です。

  • ニール・ゴーサッチの連邦最高裁判事承認公聴会が始まります。1980年代、コロンビア大学時代に極右の政治的立場をとっていたゴーサッチについて、同窓生のジョーダン・クシュナーと話します。ゴーサッチは学生時代、右翼的学生新聞「連邦主義者新聞」(Federalist Paper)を共同創設しました。AP通信社の報道によれば、連邦主義者新聞やコロンビア・デイリー・スペクテイター紙(コロンビア大学の学生新聞)への寄稿記事でゴーサッチは、大学が南アフリカ投資をやめることは大学への寄付を減らしかねないとし、反アパルトヘイト運動を批判していました。彼はまた、大学内の反人種差別運動や黒人が主導する運動を批判していました。一方ではイラン・コントラ汚職事件の渦中にあったレーガン政権を擁護しました。

  • 米軍は16日木曜日、シリアのアレッポ地方にある反政府軍支配下の村に対してドローン攻撃を行い、49人が殺されました。監視団体によれば、死者の大部分は祈祷のためにモスクに集まった民間人でした。米国防総省はアルカイダメンバーの集会だったと主張しています。その翌日には、ソマリア人難民42人がイエメン海岸の近くで攻撃用ヘリコプターにより銃撃されました。ソマリアは、サウジアラビアをこの攻撃の実行者として非難しています。目撃者の証言によれば、米国製のアパッチヘリがこの攻撃に使用されました。報道プロジェクト「空中戦争」(Airwars)の調査報道記者サミュエル・オークフォードと話します。オークフォードの報告によれば、2カ月前のドナルド・トランプ就任後、米軍の空爆による民間人死者は増加しています。

  • バーモント州バーリントンでは、少なくとも3名の著名な移民の権利活動家がここ数日の間に逮捕されました。セサー・アレックス・カヒーヨ、エンリケ・バルカサール、ズーリー・パラシオスの3名です。全員が「移民の正義」(Migrant Justice)のリーダーまたはメンバーです。キーケのニックネームをもつバルカサールはバーモント州司法長官の移民問題担当グループで働いていました。このグループはトランプ大統領の移民政策に対応するために創設されたものです。詳しくは「移民の正義」活動家のウイル・ランベックと話します。

Syndicate content