« 前  

2017年3月2日(木)

  次 »
  • ジェフ・セッションズ司法長官が2016年に駐米ロシア大使と2度会見したことを米司法省が認めたため、トランプ政権は新たなスキャンダルに直面しています。これがセッションズ司法長官の議会での宣誓証言と矛盾するものだからです。1月の議会での指名承認公聴会で、当時上院議員だったセッションズは、ミネソタ州選出のアル・フランケン上院議員から、トランプ選挙事務所スタッフとロシア政府との接触について知っているかどうかを質問され、「私はロシア側と接触していない」と答えました。3月1日、ナンシー・ペロシ下院少数党院内総務は、セッションズ司法長官が「偽証したことは明らか」であると非難し、「セッションズは、わが国の法の執行最高管理者を務めるには不適格であり、辞任すべきだ」と声明を出しました。2日、ケビン・マッカーシー下院多数党院内総務と下院監視・政府改革委員会(House Oversight and Government Reform Committee )のジェイソン・チェイフェッツ委員長は、司法省がトランプ選挙事務所スタッフとロシア政府との関係疑惑を捜査する際、セッションズ司法長官がその件について忌避するよう求めました。The Making of Donald Trump(『ドナルド・トランプになるまで』)の著者デイビィド・ケイ・ジョンストンに話を聞きます。

  • ニューヨーク・タイムズ紙は、政権交代を目前にしたオバマ政権が、ロシア政府とトランプ選挙事務所に共謀があった証拠の保存に奔走したと報じました。匿名の前政権スタッフの証言から、オバマ大統領の側近は様々な政府機関に「証拠の手がかり」を残すことで、トランプ次期政権が証拠隠蔽ないし破棄できないよう手配したと報じています。弁護士でありエコノミストのジェームズ・ヘンリーに話を聞きます。彼は最近、Wilbur Ross Comes to D.C. With an Unexamined History of Russian Connections(「ウィルバー・ロス、ロシアとの長年の関係を吟味されないまま政権入り」)という記事を執筆しました。

  • アップデート:このニュースが放送された数時間後、サラ・ベルトラン=ヘルナンデスは本日(3月2日)解放され、家族のもとに帰宅、脳腫瘍の治療を継続する予定だと、アムネスティ・インターナショナルが発表しました。

    トランプ大統領は「バッド・オンブレス」(悪者メキシコ人)を国外退去処分に処すと誓いましたが、エルサルバドル出身の亡命希望者が脳腫瘍で闘病中にも関わらず拘束されたショッキングな事件を見ていきます。サラ・ベルトラン=ヘルナンデスは手足に手錠と足かせ課せられた状態で、病院からダラス近郊のプレイリーランド拘置所(Prairieland Detention Center)へ再移送されました。彼女の弁護士でテキサスA&M大学「移民権利法クリニック」(Immigrant Rights Clinic)のファトマ・マロウフ所長と、生命論理学専門家でテキサスA&M医大「医療における人間性学科」(Department of Humanities in Medicine)のブリン・エスプリン准教授、サラ・ベルトラン=ヘルナンデス解放運動を展開するアムネスティ・インターナショナルUSAリサーチ部門のジャスティン・マゾーラ副理事に話を聞きます。

Syndicate content