« 前  

2017年2月24日(金)

  次 »
  • トランプ大統領が就任してからまだ36日ですが、すでに彼の弾劾を要求する声が拡大しています。おりしもCNNとニューヨーク・タイムズ紙が報じたところでは、11月の選挙に向けてドナルド・トランプの選挙顧問がロシア諜報機関と頻繁にやりとりをしていたという報道に対して、ラインス・プリーバス大統領首席補佐官がFBIに反論させようとして失敗したようです。この報道の主張と比較されるのは、1972年にリチャード・ニクソン大統領が、CIAを使ってFBIにウォーターゲート・ビル不法侵入事件の捜査から手を引かせた側近と交わした会話です。この事件がもとになって、リチャード・ニクソンは辞任に追い込まれました。一人の大統領の転落と弾劾決議をもたらした一連の流れに中心的役割を果たした人物、ニクソン大統領の首席法律顧問ジョン・ディーンに話を聞きます。彼の著作には、The Nixon Defense: What He Knew and When He Knew It(『ニクソンの弁明:彼は何を、いつ知ったのか』)、Conservatives Without Conscience(『良心を失った保守派』)、Broken Government: How Republican Rule Destroyed the Legislative, Executive, and Judicial Branches(『壊れた政府:共和党の統治がどのように立法府、行政府、司法機関を破壊していったか』)などがあります。

  • ドナルド・トランプ大統領のメディアへに対する態度とリチャード・ニクソン大統領のそれを、元ニクソン大統領顧問のジョン・ディーンとともに比較していきます。「大きな違いとして、トランプはこれを隠そうともせず、米国憲法修正第一条の権利に攻撃を加えています。修正第一条は出版報道の自由や言論の自由を保障した最も重要な基本的人権です。「トランプは、気に入らない報道をすべて、国民の敵だと呼びます・・・ ・・・愚劣なことです。そして大統領の職権を濫用してメディアを脅し、支配しようとするところが厄介です」とディーンは話します。

  • シアトル・シーホークス所属のディフェンシブエンド(DE)マイケル・ベネットに デモクラシー・ナウが独占インタビューします。彼はイスラエル政府が後援するNFL選手団のイスラエル訪問への参加を辞退し、大きく報道されました。ネイション誌のスポーツ編集者デイブ・ザイリンにも話を聞きます。オリンピック選手ジョン・カーロスの行動や、コリン・キャペニック選手が「黒人の命も大切」(Black Lives Matter)運動への支持を表明して全米のあらゆるレベルの選手たちに刺激を与え、同様の行動を起こさせたことなど、スポーツの政治における役割について2人が話し合います。

Syndicate content