« 前  

2017年4月14日(金)

  次 »
  • 米軍は13日、 「すべての爆弾の母」と呼ばれる、史上最強の非核爆弾、「大規模爆風爆弾(MOAB)」をアフガニスタンで投下しました。重量2万1600ポンドのこの爆弾は、TNT換算で約11トンの威力に匹敵し、爆風による影響半径は1マイルに及ぶと報じられています。これに先立ち国連は先日、アフガニスタン政府軍と米国主導の連合軍による空爆で2016年に600人近い一般市民が命を落としたとの報告書を発表していました。これは、2015年のほぼ2倍です。アフガニスタンでの米国の戦争は米国史上最長で、16年目を数えます。米国の軍事的・経済的戦争の終結を目指す運動を行う団体「Voices for Creative Nonviolence(創造的非暴力の声)」の共同コーディネーター、キャシー・ケリーに話を聞きます。彼女は4月初めにアフガニスタンから戻って来たばかりです。また、テンプル大学メディア・コミュニケーション教授で「アフガニスタン系アメリカ人芸術家と作家協会(Afghan American Artists and Writers Association)」のメンバーであるワザマー・オスマンにも話を聞きます。

  • 米軍が13日アフガニスタンに投下されした爆弾は、 「すべての爆弾の母」とも呼ばれています。カブールにいる本日のゲストたちの話では、現地の一般市民はこんな攻撃を行う母親がいるものかと言っています。バシール・ビタはアフガンユース平和ボランティアの指導者です。ハキムは医師で10年以上アフガニスタンで人道援助を行ない、戦争に代わる非暴力の代替手段の構築に専念するアフガニスタンの若者たちによる、民族の違いを超えた団体、「アフガン平和ボランティ」アと活動を共にしています。非暴力反戦団体「Voices for Creative Nonviolence(創造的非暴力の声)」の共同コーディネーター、キャシー・ケリーにも話を聞きます。彼女は今月初めにアフガニスタンから戻って来たばかりです。また、テンプル大学メディア・コミュニケーション教授でアフガニスタン系アメリカ人芸術家と作家協会のメンバーであるワザマー・オスマンにも話を聞きます。

  • ユナイテッド航空の乗客が空港警備員によって暴行を受け、飛行機から引きずり降ろされた事件が大きな話題を呼んだばかりです。長年にわたる消費者運動家ラルフ・ネイダーは、1970年代始め、予約を取り消された乗客に賠償を行うことを義務づけるよう航空会社に圧力をかけました。ネイダーに話を聞きます。

  • 非正規移民数百人がワシントン州タコマの営利企業が経営するノースウエスト勾留施設で劣悪な環境と極端に低い賃金に抗議してハンガーストライキを決行しています。活動家で「ノースウェスト勾留施設レジスタンス」グループと「ミヘンテ」のメンバーである非正規移民のマル・モラ・ビラルパンドに、話を聞きます。ハンガーストライキを実行しているクリスチャン・ロペスのパートナーのアレクシス・エリクソンにも聞きます。クリスチャンはワシントン州タコマのノースウエスト勾留施設でハンガーストライキを行っていましたが、ニューメキシコ州の刑務所に移送され、メキシコへの強制送還に直面しながら、ハンストを続けています。アレクシスとクリスチャンの間には米国で生まれた子どもが3人います。

Syndicate content