« 前  

2017年2月16日(木)

  次 »
  • 米連邦議会の民主党派議員および一部の共和党派議員が、トランプ大統領とロシアとの関係について調査を求める中、トランプはマスコミに情報を漏えいした人物の追及に焦点を当てています。ワシントン・ポスト紙が、国家安全保障担当のフリン大統領補佐官が、オバマ大統領が在任中の政権移行期間に、駐米ロシア大使と話していたとする漏洩された機密情報を報じたことで、フリン補佐官は2月13日に辞任に追い込まれました。16日朝、トランプは「これで情報を漏洩するセコイ奴らに注目が集まる!奴らは逮捕されるだろう!」とツイートしました。15日には「諜報機関(NSAかFBI?)が潰れかけの@ニューヨークタイムズ(@nytimes)と@ワシントンポスト(@washingtonpost)に違法に情報を渡した。ロシアみたいだな。」とツイートしています。ピュリッツァー賞にも輝くジャーナリスト、調査報道サイト「ジ・インターセプト」(The Intercept)のグレン・グリーンウォルドに話を聞きます。

  • 4年以上前、米国家安全保障局(NSA)の内部告発者エドワード・スノーデンが、自身を含むNSAアナリストは、どのような人物も監視することが可能であり、米大統領もその例外ではないと警告しました。「私は自分の机に座って、どんな人間であれ ―あなたやあなたの会計士であっても、連邦判事や大統領であっても、個人メールが1通あれば通信傍受する権限を与えられていました」と、香港で行われたグレン・グリーンウォルドとのインタビューで、スノーデンは語りました。スノーデンによる漏洩と、現在行われているマイケル・フリン元国家安全保障担当補佐官についての漏洩に対する、ワシントンでの反応がどう違うかについてグリーンウォルドに話を聞きます。

  • 極右サイト「ブライトバート・ニュース」(Breitbart News)を含むトランプ支持者は、諜報機関が現大統領に対し「国家の中の国家」(Deep State)によるクーデターを企てていると非難しています。一方、反トランプ派はその活動を公然と容認しています。著名な共和党派のアナリストで「ウィークリー・スタンダード」(The Weekly Standard)誌創設者のビル・クリストルは「もちろん、普通の民主主義と憲法に則った政治を強く望んでいるが、トランプ国(トランプ・ステート)よりは、国家の中の国家(ディープ・ステート)の方がマシだ」とツイートしました。ピュリッツァー賞にも輝くジャーナリストで、調査報道サイト「ジ・インターセプト」(The Intercept)共同創設者のグレン・グリーンウォルドに話を聞きます。

  • ドナルド・トランプ大統領は15日、パレスチナ国家樹立を目指すという長年にわたる米国外交の公約に終止符を打ちました。イスラエルとパレスチナ紛争において、1国家となるか、2国家共存となるか、どちらでも構わないと発言したのです。この発言は、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相をホワイトハウスに迎えた時のものですが、独立したパレスチナ国家とイスラエルが共存することを支持する20年来の米政権の公約から一線を画すものです。「イスラエル政策に関して、ドナルド・トランプは世界でも最悪の過激派を応援しているのです」とグレン・グリーンウォルドは言います。

  • 2月15日の記者会見で、トランプ大統領は全米で増加する反ユダヤ攻撃および破壊行為について質問されました。イスラエル人記者が「あなたの政権は、外国人を嫌悪し、人種差別的であると思い又はそう感じている米国およびイスラエル、そして全世界のユダヤ人コミュニティの人々に対するコメントは?」と質問しました。トランプは、その質問に大統領選での勝利を自慢することで答えました。

  • ショーン・スパイサー大統領報道官は、1月に民間人25人米海軍特殊部隊隊員1人が死亡した、イエメンの村での米特殊部隊による奇襲作戦の失敗に対する批判を控えるよう、ジャーナリストと議員らに警告しました。「調査報道ジャーナリスト協会」(Bureau of Investigative Journalism)の報道によれば、1月28日の作戦では、13歳以下の子ども9人が犠牲となり、他にも子ども5人が負傷しました。この攻撃は、国連が21億ドルの緊急援助をイエメンに対して行わなければ、米国が支援するサウジアラビア先導の戦争および海上封鎖の結果、イエメンでは1200万人が飢餓にさらされると訴えている最中に実行されました。

Syndicate content