« 前  

2016年6月20日(月)

  次 »
  • シカゴでは先週末、数千人が参加した大会議「民衆サミット」(ThePeople’sSummit)が行われ、米国の進歩主義運動が次にどこに向かうべきかについて、活動家やコミュニティーリーダー、オルガナイザーらが議論しました。開催日前日には、バーニー・サンダースがヒラリー・クリントンに対して負けを認めないことを宣言しています。初日夜の討論会ではフアン・ゴンザレスが進行役を務め、ナオミ・クライン、ジョン・ニコルズ、ロザリオ・ドーソン、全米看護師組合のローズアン・デモ―ロがパネリストとして登壇しました。フアン・ゴンザレスは1968年を振り返り、リチャード・ニクソンの大統領選出を招いて歴史的転換点となったこの年に活動家が果たした役割を検証しました。「私たちのスローガンは、『意思は行動で示せ。意思は街頭で示せ』(Vote with your feet. Vote in the street)でした」と、「民主的な社会のための学生連盟」(SDS)メンバーとして活動したゴンザレスは言います。「いま振り返っても、このスローガンは正しかった。でも戦術が誤っていたのです」

  • シカゴで行われた「民衆サミット」に参加したナオミ・クラインは、ネオリベラリズムといわゆる自由貿易協定についての議論を立て直したとして、バーニー・サンダースの果たした役割を高く評価しました。クラインは、This Changes Everything: Capitalism vs. the Climate(『これがすべてを変える 資本主義と気候の対決』)の著者です。

  • 俳優のロザリオ・ドーソンはここ数カ月、バーニー・サンダースのために全米でキャンペーンを展開して来ました。シカゴの「民衆サミット」に登場したドーソンは、サンダースの選挙戦が生み出した勢いをいかに次につなげていくかについて語りました。

  • シカゴの「民衆サミット」で発言した作家で活動家のナオミ・クラインは、サンダースの選挙運動と、近年高まってきた大衆運動との関係を指摘します。米国ではここ数年、石油パイプライン「キーストーンXL」の建設反対運動、時給15ドルへの引き上げを求める「ファイト・フォー・15」、「黒人の命も大切」運動(Black Lives Matter)、移民の権利のための運動など、数々の運動が繰り広げられて来ました。

  • 49人の死者を出したフロリダ州オーランドのゲイナイトクラブでの銃乱射事件を受け、米議会上院では20日、4本の銃規制法案の採決が行われる見通しです。攻撃用武器の禁止を回復する草案は1本もありません。コネチカット州選出のクリス・マーフィー民主党上院議員は先週、銃規制のための行動を求めて15時間近くのフィリバスターを行っています。今日は、オーストラリアが、銃暴力の蔓延する社会を変えるためにいかに戦い、その戦いにいかに勝利したかに目を向けましょう。オーストラリアのタスマニア州ポートアーサーでは1996年4月、武装した男が観光客に向けて発砲し、35人が死亡、23人が負傷する事件が起きました。この恐ろしい攻撃の12日後、沸き起こった人々の抗議を受け、当時保守だったオーストラリアの政権は、銃規制法案の成立に向けた超党派の合意を発表しました。法案の採択から20年、オーストラリアでは大規模な銃乱射事件は起こっていません。また銃暴力全体も50%減少しました。国際武器規制推進者のレベッカ・ピータースに話を聞きます。

Syndicate content