« 前  

2016年5月31日(火)

  次 »
  • 米国が支援したチャドの元独裁者イッセン・ハブレが人道に対する罪で有罪宣告され、終身刑を言い渡されました。ハブレは1980年代に政権の座にあった8年間に4万人に上る人間を殺した責を問われています。セネガルで行われた画期的な裁判でハブレは、彼の恐怖政治の間のレイプ、性的奴隷、殺害命令で有罪を宣告されました。ハブレが裁かれたアフリカ連合支援の法廷は、ハブレの被害者たちを中心とした20年間にわたる長い運動の結果設置されたものです。アフリカの1つの国の指導者が、人権侵害で別のアフリカの国の裁判制度で起訴されたのは初めてのことです。セネガルのダカールから、ヒューマン・ライツ・ウォッチの弁護士で広報担当者のリード・ブロディに話を聞きます。彼はイッセン・ハブレ政権の被害者たちと1999年以来協力し、ハブレを裁判にかける上で重要な役割を果たしました。

  • 米国が支援したチャドの元独裁者イッセン・ハブレが人道に対する罪で有罪宣告され、終身刑を言い渡されました。ハブレの米国との密接な関係について検証します。イッセン・ハブレは米国の元盟友で、「アフリカのピノチェト」と呼ばれてきました。彼は1982年、レーガン政権の後ろ盾で政権につきました。米国はハブレに年間軍事援助として数百万ドルを提供し、DDSとして知られる彼の秘密警察を訓練しました。こうした詳細について、ヒューマン・ライツ・ウォッチの弁護士で広報担当者のリード・ブロディに話を聞きます。彼はイッセン・ハブレ政権の被害者たちと1999年以来協力し、ハブレを裁判にかける上で重要な役割を果たしました。

  • カリフォルニ州予備選まであと1週間余りです。民主党の大統領候補であるヒラリー・クリントンとバーニー・サンダースは大接戦を繰り広げています。ヒラリー・クリントンは高まるサンダースの勢いを覆すために、カリフォルニアの訪問地を追加するよう5月最終週の選挙運動スケジュールを変更しました。しかし、クリントンの選挙運動には、彼女のゴールドマン・サックスとの関係についての疑惑を含む多くの問題が依然としてつきまとっています。この金融業界の巨大企業は2013年、3回の講演費用としてクリントンに67万5000ドルを支払いました。そして現在、ゴールドマン・サックスとヒラリーの義理の息子であるマーク・メビンスキーとの関係について新たな疑惑が浮上しています。メビンスキーはゴールドマンで8年間働いていましたが、その後ゴールドマンの最高経営責任者(CEO)ロイド・ブランクフェインから部分的に支援を受け、ヘッジファンドを組織しました。こうした詳細について、インターセプトの調査報道記者リー・ファンから話を聞きます。彼の最新記事のタイトルはHillary Clinton Won’t Say How Much Goldman Sachs CEO Invested with Her Son-in-Law(『ヒラリー・クリントンはゴールドマン・サックスのCEOが彼女の義理の息子にいくら投資したか言うつもりはないだろう』)です。

  • 民主党全国大会(DNC)が近づく中、一部の民主党員たちはDNC議長であるデビー・ワッサーマン・シュルツを辞任させるために圧力をかけることを検討しています。民主党の大統領候補バーニー・サンダースは長い間、ワッサーマン・シュルツがヒラリー・クリントンに偏っているとして非難してきました。ワッサーマン・シュルツはまた、2008年にオバマ大統領によって施行された連邦ロビイストたちがDNCに寄付することを妨げる倫理規定を密かに撤廃しました。連邦議会の民主党員たちが彼女に反発する一方、ワッサーマン・シュルツはフロリダ州での自身の議席を、対抗馬である進歩主義派のティム・カノヴァと接戦で争っている状況にもあります。異例の措置として、サンダースはカノヴァを支援しています。詳細について、インターセプトの調査報道記者リー・ファンから話を聞きます。

  • ニューメキシコ州のサンタフェから本日の番組を締めくくります。ビル・クリントン元大統領にとって普通の選挙運動訪問地のひとつだったはずのサンタフェで、彼はバーニー・サンダースの支援者の1人と30分の討論をすることになりました。クリントンは5月第4週、彼の妻で民主党の大統領候補であるヒラリー・クリントンの選挙運動のためにサンタフェのレストランを訪れました。そこで彼は24歳のジョシュ・ブロディに会いました。ブロディはクリントンに対し、福祉改革、金融業界、財政支出などの問題における彼の大統領としての実績について質問しました。サンタフェから、ニュースクール大学の卒業生であるジョシュ・ブロディに話を聞きます。

Syndicate content