« 前  

2016年5月20日(金)

  次 »
  • 本日はカナダのトロント市からお送りします。今週、カナダ首相ジャスティン・トルドーが「駒方丸事件」について公式な謝罪を行いました。これは1914年に、シーク教徒、イスラム教徒、ヒンドゥー教徒を含む370人以上のインド人の移住を阻むためにカナダ政府が日本船籍の蒸気船の上陸を拒否した事件です。その目的は、インド人をカナダに入れないことだったと、広く認識されています。当時のブリティッシュコロンビア州首相リチャード・マクブライド卿は、「そして、この国を白人の国に保つ必要性を常に考えておかなければならない」と発言しました。駒形丸事件を描いて賞を受賞したドキュメンタリー映画Continuous Journey(『無寄港旅行』)の一部を紹介します。また、このドキュメンタリーの監督であり、Undesirables: White Canada and the Komagata Maru(『好ましくない人々:白人のカナダと駒形丸』)の著者であるアリ・カズィミに話を聞きます。現在のカナダの難民政策についても、勾留施設内で起きた一連の死亡事故を踏まえて、監督が話します。

  • カナダの先住民活動家と「黒人の命も大切」(Black Lives Matter)活動家が結束して、国家の暴力や軽視の問題を主張し、その活動を報道機関に取り上げさせる方法について、トロント市からの放送で座談会を主催します。先月、ファースト・ネーションズ (先住民族)活動家 がカナダの先住民問題省の事務所を占拠し、彼らのコミュニティ内で起きている自殺問題と水質と住居の危機的状況に対し措置を講じるよう要求しました。抗議のきっかけは、アタワピスカット川のクリー族コミュニティが自殺未遂について非常事態を宣言したことでした。デモ参加者は、トロント市、レジャイナ市、ウィニペグ市、ガティノー市、ケベック市内にあるカナダ先住民・北方問題省の事務所内外を占拠しました。ここトロント事務所の占拠に参加した者の中には、昨年7月に南スーダンからの難民アンドリュー・ロクを射殺した警官が無罪になるとの報道が出たのを受け、15日間にわたり警察本部外で数週間前に15日間の野営キャンプを行った地元の「黒人の命も大切」活動家もいました。トロント警察本部外の野営キャンプに参加した大勢の人の中にはファースト・ネーションズの活動家がいました。今日の座談会には、「もう、だまっていない」(Idle No More)キャンペーンを行っている先住民の権利活動家で、サスカチュワン大学の学生のエリカ・バイオレット・リー、先住民作家でオタワ州カールトン大学の公共政策学部の講師ハイデン・キング「黒人の命も大切」トロントの運営委員会メンバーで「黒人の命も大切」フリーダム・スクール・プロジェクトの責任者のリロイ・ニューボールド、そしてジャーナリストでトロント・スターのコラムニスト、ラジオ番組『ニューストーク1010』の司会者デズモンド・コールが参加します。

Syndicate content