« 前  

2016年5月17日(火)

  次 »
  • 米国とロシアは5月17日、17カ国による「国際シリア支援グループ」(International Syria Support Group)の会合で共同議長を務めます。この会合の目的は、死者数が50万人近くに達している同国での5年間の紛争を緩和することにあります。オバマ大統領は4月、250人の特殊部隊をシリアに追加派遣することを発表しました。これによってシリアの公式な米軍駐留数は約2倍となります。シリアは、中東で現在起こっている多くの破壊的衝突のひとつにすぎません。2015年、世界中で6000万人という記録的な数の人々が家を追われ難民になりました。こうした衝突の詳細とISISの台頭について、世界的に知られた体制批判家で、言語学者、作家でもあるノーム・チョムスキーに引き続き話を聞きます。「米国によるイラク侵攻は宗派間闘争を誘発した第一の原因であり、かつそれが広がった主な理由でした。今やその闘争は、こうした巨大な怪物へと発展してしまった」と、チョムスキーは言います。彼には100冊以上の著書があり、最新刊はWho Rules the World?(『世界を支配するのは誰か?』)です。チョムスキーは、マサチューセッツ工科大学の名誉教授で、彼は同校で50年以上教鞭をとっています。

  • サウジアラビアはシリアとイエメンでの戦闘に資金提供を続けていますが、ノーム・チョムスキーは、同国は「急進的なイスラム過激派の中心」と言います。チョムスキーは、米国の同盟国であるサウジは「イスラム過激派に資金提供し、ジハードがそこから枝分かれするだけでなく、教義についてもモスクや聖職者や学校、そしてクルアン(コーラン)だけを勉強するイスラム神学校にも資金提供し、サウジの影響を受けた巨大なスンニ派の地域全体に広がっているのです」。

  • ブラジルでは、ジルマ・ルセフ大統領を停職とし裁判にかけようとする議会投票をめぐり、抗議行動が続いています。ノーム・チョムスキーは彼女は「自分自身を裕福にするために盗みを行ったわけではなく、そうした行いをしたことがある盗賊団によって弾劾された第一線の政治家です。これは一種のソフトなクーデターと見なされます」と言います。ル瀬麩に取って代わったブラジル前副大統領のミシェル・テメルは、野党のブラジル民主運動党(PMDB)の党員で、国営石油会社ペトロブラスに関わるブラジルの大規模な汚職スキャンダルに関与しています。彼は、企業寄りの政策実施を期待されている全員が白人男性の内閣を組閣しました。

  • 世界的に知られた体制批判家のノーム・チョムスキーに、共和党、右寄りに移行している米国の政治、2016年の大統領選について話を聞きます。「正直言って、これは非常に衝撃的だし、間違いなくいつもの連中によって完全に文脈を離れた形で大騒ぎされるであろう言い方ではありますが、しかし実際、現在の共和党は、人類史上最も危険な団体になろうとしています。文字通りに。」とチョムスキーは語ります。

  • オバマ大統領は5月、第二次大戦の終盤で米国が原子爆弾を投下した日本の広島を現役の米国大統領として初めて訪問する予定です。ノーム・チョムスキーは原爆投下の日を「覚えている限りで最も恐ろしい日」と言います。チョムスキーが、核時代の始まりにおける米国の役割、それを続けるオバマの役割、その他彼が残したものについて検証します。「私は普通はサラ・ペイリンには同意しませんが、彼女がオバマをあざ笑って「希望っぽいとか変化っぽいこと」と言ったとき彼女は的を得ていました。少しは良いこともありましたが。しかし彼が利用できた機会、特に議会が味方だった最初の2年間の機会は使われませんでした。米国の大統領政治基準からすれば、いずれにしろ何も特別なことはなく、まったく賞賛すべきこともないのです」。

  • ワシントンDCのキューバ大使館が約半世紀を経て2015年に再開したとき、デモクラシー・ナウ!は弁護士のマイケル・ラトナーに話を聞きました。彼は、グアンタナモ基地の囚人たちの人身保護の権利を求める闘いで主要な役割を果たし、キューバとラテン・アメリカにおける米国の役割についてのいくつかの本を執筆しました。彼が残したものと、キューバに対する米国の新しい姿勢についてノーム・チョムスキーに話を聞きます。彼は、米国がこの領域から追い出されたということもあって、こうした変化が生まれたと言います。「ラテン・アメリカはかつてはただの裏庭でした。彼らは言われた通りのことをし、言うことを聞かないやつは追い出して首を挿げ替えればよかった。もうそんなことはできません。ここ10年、20年そんなことはできなくなりました。」

Syndicate content