« 前  

2016年5月4日(水)

  次 »
  • インディアナ州予備選で惨敗したテッド・クルーズ上院議員が選挙戦から撤退したことで、ドナルド・トランプの共和党大統領選指名が事実上、確定しました。今日は、ニューヨーク市立大学ジャーナリズム大学院の調査報道ジャーナリスト・イン・レジデンス、トム・ロビンスをゲストに迎えています。ロビンスは、トランプと米国の組織犯罪の大物との長年にわたる密接な関係を報道してきました。ロビンスが 1985〜2011 年の間に、デイリーニュース(The Daily News)紙とビレッジボイス(The Village Voice)紙の政治、労働、組織犯罪担当記者として暴露に貢献した組織犯罪有力者数人とトランプとの関係を検討します。刑事司法ジャーナリズム組織「マーシャルプロジェクト(The Marshall Project)」のウェブサイトに掲載されたロビンスの最新記事は「トランプとマフィア("Trump and the Mob")」です。ロビンスは、トランプの選挙運動に関するメディア報道も批判します。

  • 先週、「デモクラシー・ナウ!」の共同司会者フアン・ゴンザレスは、29 年間勤務してきたニューヨーク・デイリーニュース紙に最後のコラムを執筆しました。昨年 11 月にゴンザレスは、プロジャーナリスト組織「デッドラインクラブ(締め切りクラブ)」の「ニューヨーク・ジャーナリズムの殿堂」入りを果たした初のラティーノ報道記者になりました。その時のスピーチを紹介します。ゴンザレスは自身のキャリアを振り返り、こう語ります。「私のささやかな貢献は、もうひとつのニューヨークの声になることだと思いました。落ちこぼれにされた界隈について書くのではなく、そこから書くのです。読者を楽しませるだけでなく、変化をもたらすためです。事件が起きてからでなく、事件が起きる前に。報道がまだ違いを生むことができる時に」。

  • フアン・ゴンザレスは長年にわたりニューヨーク・デイリーニュース紙の連載コラムを通して、大規模な汚職事件や、9/11 同時多発テロで発生した有害な粉塵による健康被害の隠滅操作をはじめとする数々の隠蔽を曝露してきました。トム・ロビンスは、デイリーニュース紙でのゴンザレスの同僚で、ニューヨークの刑務所内の暴力に関する報道で今年のピューリツァー賞最終候補者に選ばれました。そのロビンスが、ゴンザレスの非凡な業績について回想します。ゴンザレスは、新聞労働者のストライキを成功に導いたオルガナイザーであり、「続々とスクープを放った」ジャーナリストだったのです。ロビンスは現在、ニューヨーク市立大学ジャーナリズム大学院の調査報道ジャーナリスト・イン・レジデンスで、「フアン・ゴンザレス:ニュース編集室の鉄の男( "Juan González: Iron Man of the News Room")」と題する記事が発行されたばかりです。

Syndicate content