« 前  

2016年2月23日(火)

  次 »
  • 共和党の大統領候補でオハイオ州知事のジョン・ケーシックは2月21日、同州の「家族計画」(Planned Parenthood)への資金流入を妨害するのを目的とした法案に署名しました。この法律は、同組織を明確に名指していないものの、オハイオ州の衛生局が直接中絶を提供する組織、またはそのサービスを提供する人間と協力している組織と契約することを禁じています。この法律によって、「家族計画」は州および連邦からの資金援助130万ドルを失います。「家族計画」はその基金によって、乳がん検診や性感染症の検査、女性への暴力を阻止するためのプログラムを含む多くのサービスを支えています。州と連邦法はすでに、レイプと近親相姦、それと母親の命に関わる場合を除いて、市民の税金で中絶に資金提供することを禁じています。元オハイオ州上院議員で、GOP—Get Out of My Panties(『共和党よ、私の下着の中から出て行け』)という中絶反対政策に抗議するTシャツを着ていたことのあるニナ・ターナーに話を聞きます。「より小さな政府について全米中で話している共和党にうんざりしています。しかし、彼らは、女性の子宮の問題にまで立ち入ることができるくらい大きな政府を欲しているのです」。

  • 元オハイオ州上院議員のニナ・ターナーは、共和党の大統領候補でオハイオ州知事のジョン・ケーシックと、リプロダクティブ・ライツ(性と生殖に関する権利)やその他の多くの問題で意見を異にしていますが、警察改革についての彼の実績は称賛しています。ケーシックは警察活動の特別委員会を組織し、法執行機関における殺傷能力のある武器の使用と職員採用に全州的基準を要請した行政命令に署名しました。この改革は、オハイオ州で12歳のタミール・ライスとジョン・クロフォードが警察によって射殺されたことを受けて行われました。ライスとクロフォードは、店内で売られていた空気銃を持っていたことでウォルマートの中で射殺されました。ターナーは、この殺人事件の結果として警察改革を進めたケーシック知事の特別委員会の共同議長を務めました。

  • ヒラリー・クリントンとバーニー・サンダースは、サウスカロライナ州の予備選を前に選挙活動をしています。オハイオ州の元上委員議員・ニナ・ターナーに話を聞きます。彼女は2015年11月、クリントンからサンダースに支持を変えたことで大きく報じられました。ターナーは現在、バーモント州上院議員であるサンダースの全米代理人の1人です。

  • オハイオ州コロンバスのハーベイ・ワッサーマンは、電子投票機を声高に批判し続けています。彼はWhat Happened in Ohio: A Documentary Record of Theft and Fraud in the 2004 Election(『オハイオで起こったこと:2004年の選挙での盗用と不正行為の実録』)という本を共同執筆しました。彼の新刊の題名はThe Strip & Flip Selection of 2016: Five Jim Crows & Electronic Election Theft(『2016年選挙における選挙権はく奪と票の書き換え:5つの黒人抑圧法と電子選挙での票盗み』)です。来たる大統領選における彼の懸念について話を聞きます。

  • オハイオ州は、公立刑務所を民間企業に売却した最初の州として他州と一線を画しています。これは2011年、ジョン・ケーシック知事が「エリー湖矯正施設」(Lake Erie Correctional Institution)を「コレクションズ・コーポーレション・オブ・アメリカ」(Corrections Corporation of America)に売却するのを監督したときに行われました。この売却は、州の支出削減の方法のひとつとして推進されましたが、オハイオ州のアメリカ自由人権協会(ACLU)によると、この計画は裏目に出たといいます。オハイオ州ACLUのシニア政策ディレクターであるマイク・ブリックナーに話を聞きます。同団体は、報告書とPrisons for Profit(『営利目的の刑務所』)という題名の短編ドキュメンタリー映画を公開しました。

  • 学生団体、宗教コミュニティ、労働団体は、ウェンディーズに対し、「フェア・フード・プログラム」(Fair Food Program)に参加し、農業労働者の権利を尊重するよう求めています。フェア・フードの支援者たちは3月6日、オハイオ州コロンバスにあるウェンディーズ本社で、ファストフード業界大手である同社に対し、より人道的な農業労働基準と農業労働者たちへのより公平な賃金を確立することを求める大規模な抗議行動のために結集する予定です。「フェア・フード連合」(Alliance for Fair Food)のメンバーであるナタリ・ロドリゲスに話を聞きます。

Syndicate content