« 前  

2015年12月21日(月)

  次 »
  • ヒラリー・クリントン前国務長官、バーモント州選出バーニー・サンダース上院議員、マーティン・オマリー前メリーランド州知事は19日、3回目の民主党討論会に臨みました。その前日、サンダース陣営は、同陣営が有権者データにアクセスすることを差し止めた民主党全国委員会(DNC)を提訴しました。DNCの措置は、サンダース陣営のスタッフが、データ管理システムの不具合を利用してクリントン陣営の有権者データに不適切にアクセスしたことに対するものでした。サンダース陣営は関与したスタッフを解雇し、DNCはデータへのアクセスを回復させています。19日の外交政策をテーマとした討論会で、サンダースはアクセスをめぐる違反行為を謝罪しました。米軍の役割についてはクリントンとサンダースは激しい議論となり、サンダースはクリントンが唱える海外での政策変換は性急すぎると非難しました。二人のゲストが分析します。クリントン大統領の元カウンセラーで、Salon.comの政治コラムニストのビル・カリーと、Understanding ISIS and the New Global War on Terror(『ISISの理解とテロとの新しいグローバル戦争』)ほかの著者で政策研究所のフィリス・ベニスに聞きます。

  • 民主党全国委員会(DNC)はバーモント州サンダース上院議員の選挙戦を弱体化しようとしているのではないか―有権者データへの違反アクセス騒動の渦中にいるサンダース陣営はそう訴えました。DNCは18日、同陣営のスタッフが候補者指名争いのトップを走るクリントン候補が所有するデータに不適切に閲覧したとして、重要な有権者データへのアクセスを一時停止しました。有権者のデータはコンピュータの不具合により一時的に閲覧可能になっていました。DNCはサンダース陣営の提訴を受けて措置を撤回しましたが、サンダース陣営は同上院議員の選挙戦を妨害しようとしているとして、党執行部を批判しました。サンダース陣営によると、オバマ大統領が集めた220万件超の個人献金記録をサンダース候補が書き換えようとしている矢先だったといいます。彼がいうところの企業メディアによる「サンダース・ブラックアウト」にもかかわらず、サンダース候補は歴史を作っています。最新情報によると、NBC、CBS、ABCなど主要ネットワークの看板ニュース番組が今年になってドナルド・トランプに割いた時間は234分、サンダースはわずか10分でした。サンダース陣営の全米報道官シモン・サンダースに聞きます。

  • 12月19日に行われた民主党討論会では外交政策を含む多くの問題で一致がみられましたが、最有力候補クリントンと後を追うサンダースの重要な違いが浮き彫りになりました。それは経済です。クリントンは、自分が大統領になることを企業は歓迎するだろうと述べましたが、サンダースはそうはならないと明言しました。「巨大多国籍企業のCEOはヒラリーを好むでしょう。私は彼らに好かれません。ウォール街は更に私を好まないでしょう。我々の課題は、ウォール街の欲、無謀、違法な行いといった、誰もが避けて通りたい問題に取り組むことだからです」とサンダースは言います。クリントンとサンダースのコメントについて、二人のゲストから意見を聞きます。ビル・カリーはクリントン大統領の元ホワイトハウスのカウンセラーでSalon.comの政治コラムニストです。フィリス・ベニスは著者で政策研究所の研究員です。

  • 民主党全国委員会(DNC)は18日、サンダース陣営のスタッフが候補者指名争いのトップを走るクリントン候補が所有するデータに不適切に閲覧したとして、同陣営が重要な有権者データにアクセスすることを一時停止しました。有権者のデータはコンピュータの不具合により一時的に閲覧可能になっていました。DNCはサンダース陣営の提訴を受けて措置を撤回しましたが、サンダース陣営は同上院議員の選挙戦を妨害しようとしているとして、党執行部を批判しています。DNCはまた、討論会の回数を制限したり、土曜日の夜のような視聴率の低い時間帯に討論をすることによって、クリントンを支援していると非難されています。Salon.comのコラムニストでクリントン大統領の元アドバイザーのビル・カリーに聞きます。カリーは、民主党全国委員会は意図的に討論会を妨げていると述べ、デビー・ワッサーマン・シュルツ委員長はその責任を取って辞任すべきだと主張します。「民主党は政党でなければいけません。健全な社会であれば、縁故主義やインサイダー取引が行われないように監督する人々が選ばれ、それによって民主党は民主的プロセスを遂行するのです」とカリーは言います。「革新的な党であるはずの民主党はもはや、大企業のPAC(政治行動委員会)で資金集めをする少数のワシントン内部関係者の抵当に入ってしまいました。党幹部会は変わり果てた死に体になってしまいました。データファイルに関するトラブルを強調することが、最も重要な情報なのです。今こそ米国の進歩派が立ち上がり、純粋な民主的プロセスを要求する時です」。

Syndicate content