« 前  

2015年9月30日(水)

  次 »
  • 死刑囚リチャード・グロシップの死刑が本日(30日)の午後に執行される予定です。オクラホマ州控訴裁判所は最近、この事件に関する新たな審理の要求を拒否しました。1997年、グロシップがオクラホマ・シティのモーテル「ベスト・バジェット」の支配人として勤務していた時、上司のバリー・バン・トーリスが殺害されました。保守管理人のジャスティン・スニードはバン・トーリスを野球のバッドで殴って死に至らしめたと供述しましたが、グロシップが金銭と仕事を餌に殺人を依頼したと主張しました。判決はスニードの供述のみに基づいており、グロシップが事件に関与した物的証拠は一切ありません。この数カ月間に、スニードと共に服役していた2人の男が名乗り出て、スニードは死刑判決を逃れるためにグロシップに濡れ衣を着せたと証言しました。9月28日、裁判所はこの証言に対し、「以前に申し立てのあった証拠を上み重ねしただけ」と判断し、執行停止を拒否しました。グロシップの助命を求める嘆願書への署名数は24万を超えています。2人のゲストに電話インタビューで話を聞きます。死刑囚リチャード・グロシップの代理人を無報酬で引き受けている弁護士のひとりドン・ナイトと、世界的に著名な死刑廃止活動家のシスター・ヘレン・プレジャンです。プレジャンはカトリック修道女として、30年以上前から受刑者を訪問しています。ベスト・セラーのDead Man Walking: An Eyewitness Account of the Death Penalty(『デッドマン・ウォーキング』)の著者でもあります。

  • 共和党の大統領選候補者たちは選挙遊説の中で、全国的な経済的不均等の拡大にも関わらず、富裕層のための大幅減税を提案しています。9月28日、ドナルド・トランプは所得税率を1931年以来最も低い水準へと引き下げ、法人税を軽減し、相続税を廃止する改革案を発表しました。一方、元フロリダ州知事のジェブ・ブッシュは経済政策の一環として、法人と個人を対象にした大幅減税を提案しました。この提案が実現すれば、ブッシュ自身も何百万ドルもの税金を節約できます。クリントン政権下で労働長官を務め、現在はカリフォルニア大学バークレー校の教授ロバート・ライシュに話を聞きます。近著にSaving Capitalism: For the Many, Not the Few(『資本主義を守る:少数ではなく多数のために』)があります。

  • クリントン政権で労働長官を務めたロバート・ライシュが民主党の大統領選最有力候補バーニー・サンダースとヒラリー・クリントン双方の経済計画、そして自身の新著Saving Capitalism: For the Many, Not the Few(『資本主義を守る:少数ではなく多数のために』)について語ります。本著は、米国内に蔓延する所得の不均等と貧富の格差がこの80年で最大になった要因を検証しています。

Syndicate content