« 前  

2015年9月24日(木)

  次 »
  • 9月24日、教皇フランシスコはワシントンの連邦議会議事堂を訪れ、ローマ教皇として初めて米議会での演説を行います。23日、教皇はホワイトハウスで演説を行った後、使徒マシュー大聖堂で数百名の米司教を前に演説しました。その後、賛否両論のある18世紀の伝道者フニペロ・セラを列聖しましたが、これに対しては多数の先住民グループが抗議しています。教皇フランシスコはまた、医療費負担適正化法(Affordable Care Act)の避妊医療義務化を巡り連邦政府を訴えたグループ「貧民救済修道女会」(Little Sisters of the Poor)の修道女らへの予定外の訪問を行いました。ホワイトハウスでは、教皇は貧困、移民問題、そして気候変動について演説を行いました。そして「大統領閣下、あなたが大気汚染削減に向けた法案を提出されたことに希望を感じています」と、オバマ大統領に語りかけました。「これは急を要する問題です。気候変動への対応は次の世代まで待つことができないことは明らかです。『みんなの住む家』の保護という点でみれば、私たちは歴史的に重大な時代に生きているのです」

  • 教皇フランシスコの訪米で、教会内での女性の指導的地位を巡る教皇の姿勢が非難されています。ワシントンでは、教皇に女性の聖職位への権利を認めるよう求める活動家7人が、市民的不服従で逮捕されました。逮捕者には、使徒マシュー大聖堂近くで「ダイイン」抗議を行った4人の女性司祭も含まれています。ローマカトリック女性司祭協会(Association of Roman Catholic Women Priests)の叙階司祭であるジャニス・セブレ=ドゥシェンスカに話を聞きます。

  • 9月24日に行われる米議会での演説で、教皇フランシスコは4人の「偉大な」米国人として、アブラハム・リンカーン、マーティン・ルーサー・キング、ドロシー・デイ、そしてトマス・マートンの業績を称えました。そして「社会的問題が重要な今の時代だからこそ、カトリック労働者運動を創設した神のしもべ、ドロシー・デイについて、どうしても言及したい」と語りました。「彼女の行った社会運動、虐げられた者の正義と大儀のために立ち上がった情熱は聖書、そして信仰と聖人を手本としたものでした」。さらに教皇は「リンカーン大統領のように自由を守るとき、マーティン・ルーサー・キングのように、人々が全ての兄弟、姉妹の完全な権利を「夢見」られる環境を育むとき、ドロシー・デイのように虐げられた者の正義と大儀のために不断の戦いを挑むとき、トマス・マートンのように信仰の実が対話と和平を広げる黙想的スタイルを生むとき、その国は偉大だと言えるのです」と言葉を続けました。本日は、「米国カトリック司教会議」(United States Conference of Catholic Bishops)が2012年にその列聖支持を決議したロシー・デイの生涯を振り返ります。デイはカトリック労働者運動をピーター・モーリンとともにはじめました。以来デイは自らの意志で貧困生活を貫き、急進的な政治思想に生涯を捧げました。カトリック労働者運動は、都市部でのホームレスのための「ホスピタリティ・ハウス」や、貧困層を養い住む場所を提供する農場コミューンを設置することから始まりました。同運動は平和主義を信条とし、徴兵にも反対しました。デイの孫娘であるマーサ・ヘネシーと、デイが執筆した文書を編集、本としてまとめたロバート・エルスバーグに話を聞きます。

  • 「インサイドクライメット・ニュース」(InsideClimate News)が作成した新たな報告書は、石油大手エクソンモービル社が、数十年前に独自の研究ですでに化石燃料の使用が地球温暖化につながることを認めていたことを明らかにしました。1977年には、同社の上級専門家が、化石燃料を燃やすことで人類に害を及ぼす可能性があると警告し始めました。当初、同社はこのような研究プログラムに意欲的で、超大型タンカーに空気中および海の二酸化炭素量を調査する機器を装備させました。しかし80年代終わりごろには態度を変え、気候変動否定派の先導をとるようになりました。90年代以来、エクソンモービル社は、自社の専門家が数十年前に認識していた科学を否定するために数百万ドルを費やしています。

Syndicate content