« 前  

2015年9月15日(火)

  次 »
  • ボルチモア市長のステファニー・ローリングス=ブレイクは9月11日、同市の2016年の市長選に再出馬しない意向を発表しました。4月に逮捕され、警察の車で護送される間に死亡したアフリカ系米国人フレディ・グレイの殺人容疑で起訴された6人の警察官の裁判をめぐり緊張状態の同市を統治することに集中したいというのがその理由です。この決意は、この事件についていくつかの進展が見られた週の週末に発表されました。バリー・ウイリアムズ判事は9月10日、グレイの死で起訴された6人の警察官は別々の裁判を受ける予定になることを決定しました。ウィリアムズはさらに、弁護側による、免責、裁判のボルチモアからの持ち出し、検察官マリリン・モスビーの事件担当解任といった申し立てを却下しました。また、ボルチモア市は9月8日、グレイの遺族に640万ドルを支払う和解案で合意しました。この事件で、6人の警察官に不利な重要証拠の1つとなったのは、警察官がグレイを警察の車に引きずっていくときにグレイが明らかに苦痛で叫んでいる様子を写した映像でした。この映像を撮影したのは、フレディ・グレイが住んでいた低所得者向け公営住宅ギルモア・ホームズの住人ケビン・ムーアです。この事件を撮影した後で、「警察監視団」(WeCopwatch)のメンバーになったムーアから話を聞きます。同団体は、全米各地で地域社会と協力し、目撃したことを撮影することによって警察による暴力と嫌がらせを減らすことを目的としています。ムーアは、同団体の支部をボルチモアに立ち上げました。

  • シアトルでは9月15日、30年ぶりの同市の教員ストが5日目に突入し、学校が引き続き休校になっています。「シアトル教育協会」(Seattle Education Association)によって代表される教員たちは、生徒が受ける共通テストの削減、授業の準備する時間を増やすこと、そして賃金アップを求めるストライキを続けることを全員一致で決めました。この膠着状態によって、約5万3000人が通う公立校の新学年度開始が遅れています。今回のストライキは、ワシントン州最高裁判所が9月初め、同州の新しいチャーター・スクール制度は違憲であると判決した後に行われています。

  • 米政府がボリビアのエボ・モラレス大統領を、「裸の王様作戦」(Operation Naked King)というコードネームの薬物おとり捜査の中で密かに標的にしていたとする衝撃的な新報告書を紹介します。9月15日の朝にハフィントン・ポストによって公表されたばかりのこの報告書は、麻薬取締局(DEA)の長年の秘密情報提供者カルロス・トロによって提出された裁判所記録を引用しています。これによって、DEAがモラレス政権を弱体化させようとしているというモラレスの以前からの疑いが裏付けられたようです。
    モラレスは2008年、DEAによる警察官買収、人権侵害、殺人隠蔽、インフラ破壊を非難し、DEAをボリビアから追放しました。その後モラレスは、コカの葉栽培者と協力し、栽培作物の多様化、新しいタイプの経済開発の促進といった、独自の戦略による麻薬密売との闘いを始めました。彼の政権の取り組みは非常に効果的で、国連は8月、ボリビアのコカの葉栽培量は13年来最低基準となったと発表しました。この勝利にも関わらず、DEAは9月第3週、公式にボリビアの成果の「評価を取り消す」つもりだと発表しました。この、ボリビアは麻薬密売に対する闘いに十分に協力していないとするDEAの非難を公的にする官僚的手続きによって、ボリビアへの国際的経済援助が断たれる可能性もあります。ハフィントン・ポストのニック・ウィングと「アンデス情報ネットワーク」(Andean Information Network)の代表キャスリン・レデバーに話を聞きます。

  • エボ・モラレスについての別の話で本日の放送を締めくくります。ウィキリークスの設立者ジュリアン・アサンジは、国家安全保障局(NSA)の内部告発者エドワード・スノーデンが香港からロシア向けて発つのを助ける上で重要な役割を果たしました。スノーデンがロシアにたどり着くと、アサンジはスノーデンがラテンアメリカに向かう手助けをする方法を探ります。米国がスノーデンを追う間、ボリビアのエボ・モラレス大統領の飛行機が、スノーデンが同乗しているとの噂のためにオーストリアで着陸し14時間の待機を余儀なくされました。「ザ・インターセプト」(The Intercept)のジェレミー・スケイヒルは9月第2週、The WikiLeaks Files(『ザ・ウィキリークス・ファイルズ』)という本の出版のために、動画配信でアサンジにインタビューしました。アサンジは、スノーデンが避難所を得ることを助けたウィキリークスによる取り組みについて話しました。

Syndicate content