« 前  

2015年4月28日(火)

  次 »
  • 警察の暴力に対する抗議行動制圧に州兵が出動したのは、過去6ヶ月の間で2度目となりました。逃亡容疑で逮捕されたあと、警察の拘束中に頸部を損傷して死亡した25歳のアフリカ系米国人フレディ・グレイの死をめぐって、4月27日の夜ボルチモアで暴動が発生しました。警察によると、車や店が放火される中、少なくとも27人が逮捕され、少なくとも15人の警官が負傷しました。ボルチモアの公立校は休校になり、1週間にわたる夜10時から翌朝5時までの夜間外出禁止令が施行されています。また、4月27日のフレディ・グレイの葬儀には数千人が参列し、その中には番組のゲスト、公民権指導者で「レインボー・PUSH連合」(Rainbow PUSH Coalition)の設立者で代表も務めるジェシー・ジャクソン師がいました。暴力は、ボルチモア西部が「貧困と苦痛の場」であり、その住民が長年にわたって警察による虐待と経済的放置によって苦しんでいるという「本当の問題から注意をそらす」とジャクソンは言います。ボルチモアの元市議会議長であるローレンス・ベルからも話を聞きます。彼は、フレディ・グレイが逮捕された貧困地域で育ち、そこから選出されました。ベルは「今回のことは今までのしっぺ返しなのだ」と論じます。

  • ハーグからの放送です。当番組は、ハーグで開かれている「婦人国際平和自由連盟」(WILPF)の100周年に参加している女性ノーベル平和賞受賞者たちに話を聞いています。本日は2003年のノーベル平和賞受賞者シーリーン・エバーディーに長めのインタビューに応えてもらいましょう。彼女は、特にイランの女性と子供、政治犯の権利を求める人権擁護活動において、同賞を受賞した最初のイラン人で最初のイスラム教徒女性です。彼女はイランで初めての女性判事でしたが、2009年以来亡命生活を送っています。エバーディーから、自称「イスラム国」(ISIS)による脅威と、核開発計画を少なくとも10年間抑制する、イランおよび米国とイスラエルを含む世界列強国による枠組み合意の重要性について話を聞きます。「私はいかなる核エネルギー計画にも賛成しません」と、エバーディーは言います。「したがって、計画はできるだけ早く止めるべきです。であると同時に、原子爆弾を持っている国が他国について、このような態度で判断を下すのも間違っているのです」。

Syndicate content