« 前  

2015年2月20日(金)

  次 »
  • 報道によれば、連邦捜査当局は、現代史上で最悪の集団リンチ事件のひとつについて、実行犯が現在も生存しており、裁判にかけることが可能かどうかを捜査中です。1946年7月25日、ジョージア州の農村地帯で、白人の群衆がアフリカ系アメリカ人の2組のカップルが乗った車を待ち伏せし、車から引き摺り下ろして、射殺しました。被害者の男性の一人、ジョージ・ドーシーは、第2次大戦中、海外で5年間、兵役についた後、帰国して間もない退役軍人でした。妻のメイ・マレイ・ドーシーも殺害されました。同乗していたもう一人の女性、ドロシー・マルコムは妊娠7カ月でした。群衆は、ドロシーの腹を割き、胎児を引き出しました。夫のロジャー・マルコムは白人男性を刺したとして訴追され、保釈金を払って出獄したばかりでした。検視官は、群衆の間から2組のカップルに向けて60発以上の弾丸が至近距離から発射されたと推定しています。この恐怖の襲撃は、ジョージア州ウォルトン郡のムーアズフォード橋近辺で起きました。事件は「ムーアズフォード橋のリンチ」として知られるようになり、全米で抗議を巻き起こし、ハリー・トルーマン大統領が公民権改革を推進するきっかけになりました。FBIも捜査にあたりましたが、この4人の殺人事件で、起訴された人物は皆無でした。ところが、この襲撃に関与したとされる一人の人物の親戚、ウェイン・ワトソンが、NAACP(黒人地位向上委員会)のビデオ・インタビューで名乗りをあげました。ワトソンは、叔父とほかの数人は、KKK(クークラックスクラン)のメンバーだったと語り、ほかの数人の名もあげています。NAACP全米委員会のメンバーで、元NAACPジョージア支部の支部長だったエドワード・デュボーズと、ジャーナリストのハーブ・ボイドに話を聞きます。

    画像著作権:fireinacanebrake.com/協力:Charley Brooks

  • 20世紀に最大の影響力を持った政治家の一人、マルコムXが暗殺されてから 今週末で5年になります。マルコムXは1965年2月21日、ニューヨーク市のオーデュボン・ボールルームで演説中に満員の観衆の面前で射撃されました。マルコムXは演壇にあがったところを襲撃され、銃弾で穴だらけになりました。享年39。暗殺の詳細については、現在にいたるまで論争が続いています。本日は、マルコムXの演説、"By Any Means Necessary" (「いかなる手段をとろうとも」)と"The BallotIlyasah Shabazzor the Bullet " (「投票か弾丸か」)のハイライトをお届けします。また、マルコムXの娘イルヤサ・シャバーズと共同でThe Diary of Malcolm X: El-Hajj Malik El-Shabass, 1964 (『マルコムXの日記 エル=ハジ・マリク・エル=シャバーズ 1964』)を編集したジャーナリストのハーブ・ボイドの話も聞きます。

  • 『インターセプト』の新調査で、米国のNSA(国家安全保障局)と英国の同種機関GCHQ(政府通信本部)が、世界最大のSIMカード製造業者の社内コンピューター・ネットワークをハッキングし、全世界で携帯電話通信のプライバシー保護に使われている暗号化キーを盗んでいたことが明らかになりました。この機密工作の標的にされたのは、ジェムアルト(Gemalto)というオランダの会社で、AT&T、T‐モバイル、べライゾン、スプリントはじめ世界中で約450社にのぼる無線ネットワーク・プロバイダーが顧客です。同社はSIMカードを年間200億枚生産しています。『インターセプト』によると、盗まれた暗号化キーにより、情報機関は、通信会社や外国政府に承認を求めたり取得したせずに、モバイル通信を監視する能力を得られます。また、『インターセプト』によれば、2010年にNSAとGCHQのスパイたちが携帯電話の脆弱性を標的にした携帯電話操作チーム(the Mobile Handset Exploitation Team)を結成しました。この『インターセプト』の記事を書いたのは、ジェレミー・スケイヒルとジョシュ・ベグリーです。この記事は、NSA内部告発者エドワード・スノーデンがリークした文書をもとにしています。米国自由人権協会(ACLU)のテクノロジー・リサーチ責任者で、エール大学ロー・スクールの「情報社会プロジェクト」(Information Society Project)の客員研究員クリストファー・ソゴイヤンに話を聞きます。

    インタビューの第2部も、ご覧ください。

    セキュリティ調査員クリストファー・ソゴイヤン 「スパイされずに携帯電話を使う方法」について語る

    画像著作権:pixabay.com

Syndicate content