« 前  

2014年11月25日(火)

  次 »
  • ミズーリ州セントルイスの大陪審は、武器を所持していなかったアフリカ系アメリカ人の十代の少年マイケル・ブラウンを射殺したファーガソンの警官ダレン・ウィルソンを起訴しないことを決定しました。この決定は、9人の白人と3人の黒人の陪審員による3ヶ月間の審議の結論で、この審議ではウィルソン自身も4時間の証言をおこなっています。この大陪審の決定はファーガソンで怒りを噴出させると同時に、ブラウンの殺害を警察全般で起きているによる有色人種への不当な扱いのパターンの一部と見るグループの間にも激しい怒りを引き起こしています。ブラウンの家族は声明の中で次のように述べました。「私たちの子供の殺害者が自分がしたことの報いを受けないことに、私たちは深く失望しています」。セントルイス郡検事のボブ・マクロックの話を聞き、エイミー・グッドマンが昨晩11月24日にファーガソンの街頭でインタビューした抗議者らの声を放送します。

  • セントルイス郡検事のボブ・マクロックは11月24日、大陪審はマイケル・ブラウンの死亡に関し、警官のダレン・ウィルソンをいかなる犯罪で起訴する「もっともらしい理由は存在しない」と判断したと発表しました。大陪審は3ヶ月間審議し、ウィルソン自身を含む複数の証言を数十時間に渡り聞き取りました。しかし彼らは事件のすべてについてを聞いたのでしょうか? マクロック自身も、大陪審の審議中、警察寄りの偏見や、まるで裁判のような今回の異例の大陪審手続きに対する疑問をめぐり辞任を要求されるなど世間の監視の目にさらされてきました。「憲法上の権利センター」(Center For Constitutional Rights)の代表でファーガソンから戻ったばかりのビンス・ウォーレンに話を聞きます。「不起訴という決定から何も得られるものはありません。黒人に対する警察の暴力がこれで公式に解禁になったという事実以外はね」と、ウォーレンは言います。

  • 「あなた方の前に立って暴動を非難するだけでは十分ではありません。我々の社会に存在する不確かで耐え難い状況をもまた、同時に非難しなければ道徳的に無責任なことになるでしょう。こうした状況が、世間の注意を引くためには暴力的な反逆行為をするしか他に方法がないと人々が感じる原因をもたらしているのです。そして今夜私は、暴動というのは声を聞いてもらえない人々の言葉なのだと言わなければなりません」。これは、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師が、彼が暗殺される数週間前の1968年3月に行った演説の中の言葉です。マイケル・ブラウンを射殺した警官ダレン・ウィルソンの不起訴という大陪審の決定を受けた一晩の抗議行動の後、翌日の11月25日もファーガソンの一部では前夜の火災が治まっていません。ファーガソンにある少なくとも十数の店が押し入られ、火を付けられました。多くの商店は消防隊が到着するまでの数時間燃え続けました。「友和会」(Fellowship of Reconciliation)のオサジフォ・セコウ牧師と、コネチカット大学のアフリカ研究所の所長でニューヨーカー誌の寄稿者であるジェラニ・コブから話を聞きます。「100日以上の間、[ファーガソンの抗議者たちは]この事件に対する姿勢として主に非暴力を貫いてきました」と、セコウは言います。「彼らは体制側にチャンスを与えました。しかし体制側は彼らの心を踏みにじったのです」。

Syndicate content