« 前  

2014年11月24日(月)

  次 »
  • オバマ大統領は、アメリカ最長の戦争を収束させると約束していたましたが、密かにアフガニスタンでの米国の役割を拡大させていました。ニューヨーク・タイムズ紙によると、米軍が直接戦闘に関わることを確実にする機密命令にオバマが署名していたのです。さらに、この命令で米国のジェット機や爆撃機そして無人機が、戦闘任務でアフガニスタン軍を支援することが可能になります。また、状況によっては、アフガニスタン全土でアフガニスタン軍の作戦を支援するため、米国による空爆の権限を認めているということです。この決定は、オバマが今年の春、米軍は2015年からアフガニスタンでの戦闘に参加しないと表明したことと矛盾しています。9月に就任したアフガニスタンの新大統領アシュラフ・ガニもまた、拡大した米軍の役割を支持しており、前任者のハミッド・カルザイが導入した米軍による空爆や共同襲撃の制限を緩和させたと伝えられています。和平活動家で10年間アフガニスタンで人道援助を行っているハキーム医師に話を聞きます。また、アフガニスタンから帰国したばかりの「クリエイティブな非暴力への声」(Voices for Creative Nonviolence)のキャシー・ケリーにも話を聞きます。

  • 連邦控訴裁判所は、元ブラック・パンサー党員で、米国最長といわれる40年間以上を独房監禁状態で過ごしたアルバート・ウッドフォックスの釈放を認める下級裁判所の判決を支持し、ルイジアナ州に彼の釈放を命じました。ウッドフォックスと「アンゴラ・スリー」のもう1人の囚人の故ハーマン・ウォレスはアンゴラ刑務所で守衛を殺害した罪で有罪判決を受けました。「アンゴラ・スリー」と彼らの支持者は、彼らの政治的活動を阻止するため濡れ衣をきせられたのだと主張しています。昨年、連邦判事が、再審で人種差別があったことを理由にウッドフォックスは釈放されるべきだという判決を下しました。ウッドフォックスの罪が覆されたのはこれで3度目となりましたが、検察官はそれらの判決に対し幾度となく控訴することで、この判決命令を執行することを阻止してきました。20日に出された第5連邦巡回控訴裁判所による判決は、満場一致でウッドフォックスの釈放命令を是認しましたが、検察側がウッドフォックスを獄中に留めるため控訴し、釈放を遅らせる恐れがあります。本日は、「アンゴラ・スリー」の一員で、彼が犯していない殺人の罪で29年間を独房で過ごしたロバート・キングと、アルバート・ウッドフォックスの弁護人である、スクエア・パットン・ボグス法律事務所のカリーン・ウィリアムズに話を聞きます。

Syndicate content