« 前  

2014年4月28日(月)

  次 »
  • ワシントンD.C.で26日、何千人もの人がオバマ大統領にキーストーンXLパイプラインを拒否するよう求めるデモを行いました。抗議デモは、ホワイトハウスそばに「拒否と防衛(Reject and Protect)」キャンプを設置した、パイプラインの建設ルート上にある農家や牧場経営者、アメリカ先住民族らで構成される「カウボーイ・インディアン連合」によって組織されました。デモは、カナダのアルバータ州から米メキシコ湾岸までオイルサンド由来の原油を輸送するパイプラインを承認するか否かの決断を、オバマ政権が再度延期する発表を行った1週間後に行われました。今も続くパイプラインへの抵抗について、アメリカ先住民のネズパース族で「拒否と防衛」キャンプを組織しているギャリー・ドア、ネブラスカ州の農場経営者でデモに参加したカウボーイ・インディアン連合メンバーのアート・タンダーアプ、そしてキーストーンXLパイプラインへの抗議行動で3度逮捕された活動家で女優のダリル・ハンナの3人に話を聞きます。

  • 著名カナダ人ミュージシャンのニール・ヤングは26日、ワシントンD.C.で行われたキーストーンXLパイプライン反対デモに参加しました。「我々は皆、母なる大地の子どもであり、惑星として今起きていことに誰もが脅かされていると感じたので参加した」とヤングは語っています。「私たちは危険に晒されている。化石燃料時代は終わりつつあると感じている。それは最初の死の呼吸をし始めており、我々は推進し続けないといけない。我々は、このパイプラインがこの悪しき燃料をカナダにあるヘビの尾からテキサスのヘビの頭まではるばる運ぶのを止めないといけない」

  • 消費者運動家で元米大統領候補のラルフ・ネイダー氏に近著Unstoppable: The Emerging Left-Right Alliance to Dismantle the Corporate State(『止められない:法人型国家を取り壊す、右派・左派連合の台頭』)について話を聞きます。ネイダーは、政府による大規模な監視、不明瞭な自由貿易協定への反対、刑事司法制度の改革、ウォール街での犯罪行為への刑罰など、政治的志向にかかわらず米国民の幅広い人びとに共有されている不安に焦点を当てています。ネイダーは、米政府による極めて広範囲に及ぶTPP貿易協定の推進や、致命的なイグニションの欠陥の責任を逃れるためのゼネラルモーターズの活動、オバマ大統領政権下で再来した核時代、防衛費を通して見る米国軍国主義について話します。

Syndicate content