« 前  

2014年3月17日(月)

  次 »
  • クリミアで行われたウクライナからの離脱の是非を問う住民投票で、有権者らが離脱を圧倒的多数で支持したことを受けて、米政府とEUは、ロシアにクリミアを編入しないよう警告しています。クリミア当局は、住民投票で有権者の96.8%がロシアへの編入を支持したと発表しましたが、ウクライナ系の少数派住民やイスラム系タタール人の多くは自宅に残り、投票をボイコットしました。オバマ政権は、クリミアがこのまま離脱を行った場合には、ロシアに対して制裁を与えるとロシアをけん制しています。しかしロシアは、議会でクリミア住民投票を承認する採決を行うと宣言しました。15日、ロシア政府は、住民投票を無効とする米政府主導の国連安全保障理事会決議案に拒否権を行使しました。またロシア軍は、クリミアの境界のすぐ外にあるウクライナの天然ガス拠点を掌握しました。クリミア情勢は、冷戦以来最も深刻な東西関係を引き起こしました。本日は、クリミアの住民投票とその外交的影響について、戦争と平和報道研究所(Institute for War and Peace Reporting)カフカス地方編集者のオリバー・バローと、2009年からクリミアや南カフカスを取材しているフリーランス記者のニコラス・クレイトン、カーネギー・モスクワ・センター所長のドミトリー・トレーニンに話を聞きます。

  • シリアのバッシャール・アサド大統領と同大統領の追放を求める反政府勢力との衝突は4年目に突入しました。英国に拠点を置くシリア人権監視団によると、シリア内戦が始まった2011年3月15日以降、シリアでは14万6000人以上が死亡しました。そのうち半数は民間人です。衝突により900万人以上が避難民となり、シリア国外で避難生活を送る難民は250万人、国内避難民は650万人となっています。数週間にわたるシリア取材から戻ってきたばかりの英紙インデペンデント中東特派員のパトリック・コウバーンに話を聞きます。

  • 米国家安全保障局(NSA)がコンピューターのハッキングを世界中で大規模に拡張していることが、エドワード・スノーデンの新たな告発で示されました。コンピューターに自動的に侵入するソフトウエア──マルウエア(悪意のあるソフトウエア)の「インプラント(埋め込み)」と呼ばれる──は、以前は数百台規模を標的としたものでした。しかし、新ニュースサイトのザ・インターセプト(The Intercept)によると、NSAは「タービン(Turbine)」というコードネームの自動システムを使い、数百万台のコンピューターにこのソフトウエアを広げています。またザ・インターセプトは、NSAがフェイスブックのサーバーになりすまして、標的のコンピューターを感染させ、ハードドライブからファイルを抜き取っていることも暴露しました。本日はザ・インターセプト記者のライアン・ギャラガーに話を聞きます。

Syndicate content