« 前  

2014年3月14日(金)

  次 »
  • キーストーンXLパイプラインやアルバータ州のタールサンドをめぐる戦いが環境運動を活気づけてきましたが、西部での関連した出来事はあまり注目されていません。ユタ州では独自の大規模なタールサンドとオイルシェール抽出プロジェクトの準備を開始しました。米国政府のある報告書によると、当該地域の土地には最高3兆バレルの石油が埋蔵されている可能性があります。これまで人類史上使われてきた量をしのぐ石油が採掘可能なのです。批評家たちに言わせると、ユタ州はタールサンドの炭素爆弾の上にすわっているようなものです。ユタ水質委員会は、最近、同州の埋蔵されているタールサンドを抽出する許可を企業に支給し始めています。「グランド・キャニオン・トラスト」のエネルギー担当理事、テイラー・マッキノンに話を聞きます。

  • グランド・キャニオンが、人体に有害なウラン採鉱をめぐる戦いの戦場になっています。昨年、エネルギー燃料リソース(Energy Fuels Resources)という名の会社が、グランド・キャニオンで人気のサウス・リムから6マイル(10 km弱)の鉱山を再開する許可を連邦政府から与えられました。先住民と環境団体が合同で、ウラン鉱山は稀少な水資源を損ない、健康に重大な影響を与えかねないとして、政府の決定に抗議しています。ディネ(ナバホ)族の土地には廃業になったウラン鉱山があちこちに散らばっています。1944年から1986年までの期間に、この地区の山と平原から390万トンのウラン鉱が掘り出されました。1000を超える鉱山が廃業されましたが、鉱山会社は放射性廃棄物の堆積物を適切に処分しておらず、ガン発生率や健康障害が急騰しています。アリゾナ州フラッグスタッフからお届けする本日の放送で、グランド・キャニオン・トラストのエネルギー担当理事テイラー・マッキノンと、ディネ(ナバホ)アクティビストでミュージシャンのクレー・ベナリーに話を聞きます。「緩慢なジェノサイドが起きています。この地方の先住民だけではありません。廃業されたウラン鉱山から50マイル(約80km)以内の地域には1000万人以上が住んでいると推定されています」とベナリーは言います。ベナリーはまた、サンフランシスコ・ピークスを保留するための闘いについても語ります。サンフランシスコ・ピークスは、13種族の先住民が聖なる地とみなしている地ですが、スノーボウル・スキー場が下水を処理した水で人工雪を作っています。

  • オバマ大統領はアリゾナ州南側の国境に新たに数千人の米国国境警備員監視人を配備しました。同州は、異論の多い移民弾圧政策で知られています。国境地帯の軍事化の割を食っているのが、人口約2万8000人のトノホ・オードハム・ネーションです。連邦政府が認可した保留地の規模は、コネチカット州の面積とほぼ同じで、米国とメキシコの国境の両側に、76マイル(約121.6キロ)にわたって広がっています。フラッグスタッフからの放送で、ディネ(ナバホ)アクティビストのクレー・ベナリーと、トホノ・オードハム・ネーションの一員で、「国境を超えたオードハムの連帯(O'odham Solidarity Across Borders)」事務局のアレックス・ソトに話を聞きます。ソトは、ヒップホップ・デュオ「シャイニング・ソウル」のメンバーでもあります。「トホノ・オードハムとは、『砂漠の民』という意味です。私たちに襲いかかる植民地政策が、この土地の軍事化を進めているのです。それは国境警備隊員の増強からチェックポイントの設置や無人機の使用まで、我々のコミュニティへの全般的な監視を進めるものです」。

  • 閣僚経験もある英国のベテラン議員で反戦活動家のトニー・ベンが88歳で逝去しました。議員生活は半世紀を超え、英国労働党の歴史の中で最長記録を保持していました。2001年に議員を引退したときの弁は、「もっと多くの時間を政治に費やすため」でした。2009年にデモクラシー!ナウの番組に出演し、アフガニスタン戦争や、英国の国民医療制度(NHS)を守る闘いについて語りました。「国を評価するときのポイントはニーズが満たされているかどうかであり、一部の人が私腹をこやすかどうかだけで判断してはいけません。私は『ダウ・ジョーンズ』氏にお目にかかったことはありませんが、彼が「平均株価」のために懸命に働いていることはよく知っています。なにせリアルタイムで速報されますからね。しかし、国民の幸せがウォール街の株価で決まるとは思いません」。

Syndicate content