« 前  

2014年5月13日(火)

  次 »
  • エドワード・スノーデンに初めて会ってから約1年を経て、ピュリッツァー賞受賞のジャーナリスト、グレン・グリーンウォールドは引き続き、国家安全保障局(NSA)と米国という監視国家の新たな秘密を明らかにし続けています。彼の新刊『暴露 スノーデンが私に託したファイル』が、5月13日に発売されます。同書には、米国から輸出されるルーターやサーバー、その他のコンピュータ・ハードウェア機器をNSAが定期的に出荷途中で抜き取っていたことに関する新たな詳細など、以前は極秘扱いだったNSAの多くの文書が含まれています。同書の中で公開された漏えい文書によると、NSAは機器を抜き取るとそこに秘密の監視装置を埋め込み、工場のシールを貼って機器を再度梱包して送っていました。これによりNSAはすべてのネットワークとそのユーザーにアクセスすることができます。同書には、NSAのエージェントがCISCOのマークが付いた箱を開けている写真を示す、以前には極秘だったNSAのファイルが掲載されています。その下には「盗み取ったパッケージは慎重に開けられる」という短い説明文があります。別の覚書には、無線諜報のノウハウは「実際に手を動かすことがとても多い(文字通り!)」と書かれています。

    グリーンウォルドに上記のことと、NSAの世界的な経済スパイ活動、国連に対する監視、飛行機内でのインターネット使用と電話通信の監視への試みを含む、NSAについての他の新事実について話を聞きます。グリーンウォルドは最近、NSAに関する報道でジョージ・ポーク賞を受賞し、ピュリッツァー賞公益部門を受賞したガーディアン紙のチームのメンバーでもありました。

    「正当性を疑うことなく監視を行う、このまったく前例のない規模の途方もない制度が完全に秘密裏に作られということが、明るみに出たとき、それはもう単なる監視の問題以上のものになりました」と、グリーンウォルドは言います。「それは、政府の秘密主義と説明責任、ジャーナリズムの役割、そしてもちろん、デジタル時代におけるプライバシーと監視の問題になったのです」。

  • ジャーナリストのグレン・グリーンウォルドは、自らの新刊『暴露 スノーデンが私に託したファイル』の中で、エドワード・スノーデンの個人的な話と、スノーデンが米国の監視体制を暴露した動機についての新たな詳細を明らかにしています。「私が見たものは本当に私を動揺させ始めました。私は、無人機が殺害の標的としているだろう人間を監視しているそのさまを、リアルタイムで見ることができたのです。」と、スノーデンは国家安全保障局(NSA)の契約社員だった当時のことについて、グリーンウォルドに語りました。「村々の全体を見渡し、そこで誰が何をしているのかも見ることができました。また、私は、NSAが誰かがキーボードを打っているのと同時にその人のインターネット活動を追跡しているのも見ました。そして、米国の監視能力がいかに侵略的なものになったのかに気付くようになりました。この体制の本当の底深さを実感しました。そしてそのことに気づいている人はほとんどいなかったのです。」

    グリーンウォルドから、NSAの漏えいの内幕であるスノーデンの内部事情について話を聞きます。「何の権力もない、この一個人が、政治的主張のために自らの人生のすべてを承知の上で危険にさらし、結果的に正に世界を変えたことは、すべての人々にとって注目に値する教訓だと思います」と、グリーンウォルドは言います。「私は確実に刺激を受けましたし、物事をいかに考えるかについて方向付けてくれました。おそらく、私の残りの人生も方向付けてくれるでしょう」。

Syndicate content