« 前  

2013年10月15日(火)

  次 »
  • デモクラシー・ナウ!の独占放送で、大富豪の米国人ビジネスマンで慈善家のリック・バークの事件について検証していきます。バークは、旧ソビエト連邦のアゼルバイジャン共和国の石油富豪らを操ろうとした国際的犯罪者らによる詐欺を内部告発しました。ところが結果的にバークはこの大規模な陰謀事件の中で、連邦検察によって刑務所に送られたただ一人の人物となってしまいました。バークは2013年5月に連邦刑務所に収容され、1998年に行われたとされる贈収賄を知っていた容疑で「連邦海外腐敗行為防止法」(Foreign Corrupt Practices Act)侵害に問われ、1年と1日の刑期を勤めています。アゼルバイジャンでの同策略には、民主党の上院院内総務ジョージ・ミッチェルや、コロンビア大学、アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)といった大手企業なども投資していましたが、バーク以外で米国で刑務所に収容されている者はいません。米中央情報局(CIA)と英秘密情報部(MI6)の元幹部らはバークの有罪判決に対し、深刻な懸念を示しています。その理由の一部は、バークの裁判の鍵となる証人たちが、米政府のために働いていた情報提供者ではないかとされている人物たちだからです。バークの有罪に疑問を持っているのは彼らだけではありません。彼の裁判を担当している判事もまた、疑問があることを認めています。連邦地方裁判所のシラ・シェインドリンはバークの判決を言い渡すとき、こう言いました。「10年間この事件を見てきて、バーク氏が被害者なのか詐欺師なのか、それともその両方の要素が少しずつあるのか、私にははっきりとは依然としてわかりません」。法律学教授で著名な弁護士であるバークの弁護士マイケル・タイガーと、ワシントンポスト紙の元記者スコット・アームストロングに話を聞きます。「なぜ彼らは窃盗と収賄の内部告発をした男、リック・バークを捕まえようとするのでしょうか?」と、タイガーは疑問を投げ掛けます。「なぜチェコ市民やあの男、元愛国者、ドイツ系スイス人の弁護士らは全員無罪放免なのに、米国人で慈善家の彼が軽警備の刑務所に入れられているのでしょう? アゼルバイジャンの炭化水素産業への投資は、今では複数の大手石油企業の手中にあり、保護されています。それが理由なのかな?」。

Syndicate content