« 前  

2013年10月14日(月)

  次 »
  • 数ヶ月ぶりに国家安全保障局(NSA)内部告発者エドワード・スノーデンがモスクワでカメラの前に姿を現しました。「必要ない時でも全てを見渡している目のようなものの下に全ての人びとを置く、底引き網のような大規模な監視」について警告をしました。スノーデンは、ロシアを訪れた4人の内部告発者から「情報員としての高潔さのためのサム・アダムス会(Sam Adams Associates for Integrity in Intelligence)」の高潔賞を授与された後、この発言を行いました。

  • デモクラシー・ナウ!特別編、本日は、NSA内部告発者のエドワード・スノーデンに面会するために先日ロシアを訪問したばかりの米国の元情報員4人──全員が内部告発者です──にたっぷりと話を聞きます。彼らは、元CIA分析官のレイ・マックガバン、元FBI捜査官コリーン・ロウリー、元NSA高官のトーマス・ドレイク、元米司法省倫理顧問で現在は政府説明責任プロジェクトのディレクターを務めるジェスリン・ラダックです。4人は先週水曜日、スノーデンに「情報員としての高潔さのためのサム・アダムス会」からの賞を贈りました。ロウリーは「いったい何が起きているのか──米国市民に対する大規模なスパイ──を、エドワード・スノーデンが米国市民に明らかにしたことで、議論が始まったのだと、私たちは訪問の中でスノーデンに伝えました」と語ります。「私たちは、議論が始まったのだと彼に伝えることをうれしく思いましたが、しかし、彼は非常に懸念していました。そしてそれこそが彼が多大な犠牲を払った理由です。彼は、これらの法律とこれらの法律の秘密裏の解釈が、修正されることを望んでいるのです」

Syndicate content