« 前  

2013年6月6日(木)

  次 »
  • オバマ政権が、ベライゾン社の顧客数百万人の通話記録を収集し、大規模な国内監視プログラムを進めていることが、漏えいした裁判所命令によって明らかとなりました。ベライゾンのビジネス・ネットワーク・サービスは米国家安全保障局(NSA)へ全ての通話記録を含む電子データを「毎日継続的に」渡すこととした、外国諜報活動監視法廷による機密命令が、英ガーディアン紙によって公表されました。この命令は、全ての利用者がダイアルした各番号に加え、位置と経路の情報、そして通話時間と通話回数が対象となり、会話内容は含まれません。憲法上の権利センター(The Center for Constitutional Rights)の上級弁護士シャヤナ・カディダルと、内部告発を行った二人のNSA元局員トーマス・ドレイクとウィリアム・ビニーに話を聞きます。2010年、メディアにNSAの無駄と不正管理について機密情報を漏らしたことで、オバマ政権はドレイクを諜報活動取締法違反で告発しました。この告訴は後に取り下げられました。「主要メディアは何を見ているのでしょうか?これらは、普通に繰り返されている命令で、最近はじまったことではないのです」とドレイクは言います。「目新しいと言えば、実際の命令が私たちの目に触れ、人々がなぜかそれに驚いている、ということでしょうか。しかしこのプログラムがかなり前から存在し、実は9・11の少し後にはじまったという事実は変わりません。米国愛国者法は、米政府がどの通信会社からでも秘密理に契約者の記録を入手できる仕組みを可能にしました。」NSAに40年近く勤めたビニーは、9・11テロより程なくして辞職しました。「NSAはこの手のことをずっとやってきましたし、1企業だけでなく全ての企業が対象となっています。ベライゾンにこのような命令がいったということは、他企業にも同じ命令が下されただろうと私は見ますね。つまり彼らは全米市民を対象にし、この手の情報を集めつづけているということです」

  • 保険制度からネット上の自由、食の安全、金融市場に至るまで、米国のあらゆる法律を書き換えることになるかもしれない新たな全体通商協定に関し、オバマ政権が極端な秘密主義を通していることに、注目が集まっています。環太平洋経済連携協定(TPP)の一番最近の交渉がペルーのリマにて非公開で行われましたが、オバマ政権は、現在協議されている文書についてその公開を拒否しました。米議会の議員でさえも、交渉プロセスから締め出されていることに対し不満を述べています。2012年に合意の草案の一部が漏洩しましたが、それによればTPPは、米国内で操業する外国企業が主要な規制に対して国際法廷へ裁定を訴えることを、許す可能性があります。その国際法廷は、米国の法律より優位にあり、同法廷の判決に従わなければ罰を課すことができます。TPPについて2人のゲストに話を聞きます。セレステ・ドレイクは米労働総同盟産業別組合会議(AFL-CIO)の通商政策専門家、ジム・シュルツは民主主義センター(Democracy Center)の代表です。同センターは先日、企業がいかに通商規定を利用して資源を奪い、民主主義を弱体化させているかについて報告書を発表しました。「企業がある国に進出し、環境への影響や労働基準を無視して自然資源を搾取しようとするとき、一番の脅威となるのはなんでしょう? それは民主主義です」とシュルツは言います。「その国の民衆がいろいろうるさいこと言い、企業の邪魔をし、その国の政府に行動を求められたら大変なわけです。ですから企業は、主権国家よりも大きな権力を持つことが必要になります。主権国家をこのような貿易協定というクモの巣でがんじがらめにして、その権力を手に入れようというわけです。」

  • メドガー・エバーズ暗殺50周年を数日後に控えたミシシッピ州ジャクソンで、往年のブラックナショナリズム主導者で弁護士のチョクウェ・ルムンバが次期市長として有権者に選ばれました。「(公民権運動活動家)ファニー・ルー・ヘイマー派の民主党員」を自称するルムンバが、対立候補の5分の1の選挙資金で民主党予備選挙を勝ちぬいたことに、多くの政治関係者は驚きました。ルマンバは今週の市長選で軽々と当選。ルマンバは過去40年、多数の政治的、法改正運動に深く関わってきました。弁護士としては、元ブラック・パンサーのアサタ・シャクールや、ヒップホップ・アーティストだった故トゥパック・シャクールなどを弁護しました。政治主導者としては、米東南部での「黒人主体の独立政府」と奴隷制への賠償を求める「新アフリカ共和国」(Republic of New Afrika)副代表を長年勤めました。また、「全米黒人人権連合」(National Black Human Rights Coalition)と、「マルコムX草の根運動」(Malcolm X Grassroots Movement)設立を手伝いました。「ジャクソンは、歴史上最悪の類の差別に苦しんできたことで知られているかもしれません」とルムンバは言います。「しかし我々は今、全米の他の都市には見られない、人権の発展と保護への進歩を遂げようとしているのです」

Syndicate content