« 前  

2013年2月15日(金)

  次 »
  • ロサンゼルス市警へのテロ作戦としてこの2週間で同市警官ら4人を殺害してきたとされるクリストファー・ドーナーですが、カリフォルニア州検視局は回収した遺体が彼のものであると断定しました。同州史上最も広範囲に及んだ容疑者追跡劇の末、ドーナーは焼け落ちた州内の山小屋で遺体で発見されました。彼の隠れ家の炎上が警察によって故意に惹き起こされたのではないかとの疑いが浮上してきました。というのも市警当局が発火性の催涙ガスを使用したと認めたからです。警察無線の録音記録では、サンバーナーディーノ郡保安官局が「バーナー(燃やすもの)」と通称される引火性の催涙ガス弾を投入する計画だったことが示されています。また別の、TV局KCALによる生放送でも、「やつを火で炙り出せ」とか「小屋を焼き落とせ!」と叫ぶ警察官の声が背後から聞こえています。シアトルの元警察署長ノーム・スタンパーに話を聞きます。「故意であろうがなかろうが、7発のバーナーを木造の小屋だったとみられるものに発射すれば、焼け落ちることは目に見えていました」

  • 元ロサンゼルス市警官クリストファー・ドーナーが死亡した12日の火災は、1993年に多数の死者を出したテキサス州ウェイコのブランチ・ダビディアン施設急襲や、1985年のフィラデルフィアの黒人解放団体MOVE本部への警察による爆撃を連想させます。ウェイコの事件では連邦捜査当局は発火性の催涙ガスの使用を何年にもわたって否定していました。この火災で施設内の76人が死亡しています。MOVE爆破では成人6人子供5人が死亡しました。シアトルの元警察署長ノーム・スタンパーと、近日刊のRise of the Warrior Cop : The Militarization of America’s Police Forces(警官戦士の誕生:米警察の軍隊化)の著者ラドリー・バルコに話を聞きます。

  • 12日の一般教書演説でオバマ大統領はこの国の破綻した投票システムを修正するために新たな超党派委員会の創設を発表しました。聴衆の中には2012年選挙で投票するまでに何時間も待たされた102歳のデジリン・ビクターもいました。ビクターはフロリダ州に住んでいますが、同州では投票所の長い列にうんざりして投票に至らなかった人が推定で20万人いたとされています。全米黒人地位向上協会(NAACP)のベンジャミン・ジェラス会長は、長い行列は新たな選挙管理委員会が取り組むべき投票妨害の一つに過ぎないと語ります。

Syndicate content