« 前  

2013年2月5日(火)

  次 »
  • 米国市民を罪状なしで暗殺することを法的に正当化するオバマ政権の内部文書が初めて暴露されました。米司法省の極秘メモの中で、オバマ政権は、米国市民が米国を攻撃する進行中の計画に関わっていることを示す諜報資料がない場合でも、米国市民を国外で暗殺する法的権限があるとしています。アメリカ自由人権協会(ACLU)の法務副部長ジャミール・ジャファーから話を聞きます。「メモを見れば、そこには地理的な境界線がないことがわかります」と、ジャファーは言います。「オバマ政権はある意味、[ブッシュ大統領よりも]大きな権限を主張しています。その権限とは当局が米国市民を殺害するのに地理的な境界線はないというものです」。

  • 「ボーイスカウト・オブ・アメリカ」(The Boy Scouts of America:BSOA)は2月4日、3日間の会議を開幕しました。同団体の全国理事会はそこで、同性愛者であることを公にする人物の入隊禁止という、論議の的となっている規則の廃止を検討する予定です。この禁止規則に反対している、ボーイスカウトの元メンバーと現役メンバー、そしてリーダーたちの一団が、ダラスにあるBSOA本部前に結集しました。歴史的な決定を前に、「平等を求めるスカウト」(Scouts for Equality)という団体の設立者でイーグル・スカウト(21個以上の技能賞を得た最高位のメンバー)のザック・ウォールズから話を聞きます。ウォールズのレズビアンの両親は、彼のボーイスカウト活動に積極的に関わっていました。彼は他の人たちにも同じような機会が与えられることを願っています。彼は、My Two Moms: Lessons of Love, Strength, and What Makes a Family(『僕の二人の母親:愛と強さと何が家族を作るのかのレッスン』)の著者でもあります。

  • 連邦控訴裁判所は、ウィキリークスに対する調査の一環として、米政府がインターネット利用者らの個人情報を秘密裏に入手し続けてもよいという判断を下しました。この訴訟には、コンピュータ・セキュリティ研究者ジェイコブ・アップルボームとアイスランドのビルギッタ・ヨンスドティル議員はじめ、内部告発サイトのウィキリークスとつながりのある3人が関与しています。いずれも、米政府に自分のツイッターの口座記録を求められた人たちです。これらのアカウント所持者たちを代弁して、米国自由人権協会(ACLU)と電子フロンティア財団(EFF)は、政府の召喚令状はアカウント所持者のプライバシーの権利を侵害しており、彼らには政府がなぜ自分に関する情報を求めているのか、その理由を知らされるべきだと主張しました。

  • 米国市民を無期限に勾留する権利を政府に与える法律に挑む訴訟の裁判が2月第2週、連邦裁判所で再開します。学者、ジャーナリスト、活動家たちが、2月6日、米軍がテロの容疑者と見なせば、誰であれ、世界中のどこででも、令状も裁判もなしに勾留することができる権限を米軍に与える国防権限法(NDAA)の一条項に反対し、裁判所で口頭弁論を行う予定です。2012年9月の画期的な判決の中で、ニューヨーク南地区のキャサリン・フォレスト判事は、無期限勾留条項は憲法修正第1条と第5条に定められた米国市民の権利を侵害しかねないとして廃止の判決を下しました。この件の原告で、おそらく全米で最も有名な内部告発者であるダニエル・エルズバーグから話を聞きます。エルズバーグは1971 年、ベトナム戦争に関する米国の秘密の歴史を明らかにした国防総省の機密文書ペンタゴン・ペーパーズを公開しました。

Syndicate content