« 前  

2012年11月2日(金)

  次 »
  • ニューヨーク市は超巨大嵐サンディの被害復旧を続けています。最も被害の多かった地区の1つ同市ブルックリン区のレッドフックを取材します。サンディの高潮はレッドフックの大半を深さ1.5mの水で覆い、商業地区や1階や地下部分で暮らしていた人々の数百軒のアパートを水浸しにしました。州兵部隊や緊急事態管理庁(FEMA)が近隣に到着する前日の10月31日、デモクラシー・ナウ!の取材班が何人もの人々に話を聞いています。彼らは嵐を生き延びて数時間後には、すでに自分たちで救援組織を作って作業を始めていました。その中には「オキュパイ・ウォールストリート」運動の流れを汲む「オキュパイ・サンディ」と協力して食糧や水、その他の必要物資を地域住民に提供し、地区の清掃作業も調整する「レッドフック・イニシアティブ」と称するグループの人々もいました。私たちはまた、地域の事業主や住民の話も聞き、次に海からの冠水で壊滅状態の地元の都市型農地「アッデド・バリュー(Added Value)」を訪問しました。

  • 気候変動と米北東部の多くを襲った巨大嵐サンディの壊滅的な被害との関連が1日、ニューヨーク市長マイケル・ブルームバーグが環境政策を理由に大統領選でのオバマ大統領支持を発表したことで注目を浴びました。選挙直前になってブルームバーグは次のように記しています。「我々にはホワイトハウスの指導力が必要だ。過去4年にわたりバラク・オバマ大統領は我々の炭素消費削減のために重要な対策を講じてきた」。ブルームバーグの支持表明が特に驚きだったのはニュース・メディアがこれまで気候変動についてあの巨大嵐の前にも、あるいは被災の後にもほとんど口にしてこなかったからです。大統領選挙の討論会を通しても気候変動に関する質問は候補に対しまったく為されませんでした。気候に関する沈黙を破った報道機関の1つがブルームバーグ・ビジネスウィーク誌です。表紙を飾る特集記事のタイトルは It’s Global Warming, Stupid(地球温暖化だよ、バカ野郎) 。この記事の筆者で同誌の編集次長ポール・バレットに話を聞きます。

  • オバマ大統領の再選を支持したニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグですが、オバマの大統領1期目に関してはいくつかの留保事項も表明しました。その1つが「違法銃器に関する真の政策的進展」がないということです。ブルームバーグ・ビジネスウィーク誌の編集次長でGlock : The Rise of America’s Gun(『グロック社:アメリカ製銃器の台頭』)の著者であるポール・バレットに話を聞きます。

  • マンハッタンの南東部にあるチャイナタウンはニューヨーク市内で巨大嵐サンディに最もひどく被災した地区のひとつです。今も商店などは閉まったままで住民は電気のない生活を送っています。高層階のアパートから降りるに降りられない人たちもいます。CAAAV : Organizing Asian Communities(対アジア人暴力反対委員会:アジア人コミュニティの組織化)というグループがボランティアたちとともに救援物資を届けたりビルを巡回するなどの救援活動を先導しています。30日にはサンドイッチや米、水、電池ほかいろいろな支援を求めて数百人が行列を作りました。デモクラシー・ナウ!のエイミー・リトルフィールドが住民たちをインタビューしリポートします。またCAAAVの事務局長へレナ・ワンにサンディの被災状況とチャイナタウンの高級化問題について話を聞きます。

Syndicate content