« 前  

2012年10月24日(水)

  次 »
  • 大統領選挙の日、カリフォルニア州では「提案37号(Proposition 37)」への住民投票も行われますが、この法案が成立すれば同州は遺伝子組み換え食材(GMO)を含む食品にその表示を義務づける米国で最初の州となります。粉ミルクからインスタントコーヒー、グラノーラ、缶スープ、豆乳まで、カリフォルニア州公衆衛生局がすべてのGMO食品の表示を監督することになります。モンサントやダウ・ケミカル、ペプシやコカ・コーラといった主要食品企業の多くが巨額の資金を投入してこの提案に反対する戦いを続けています。同案が全米における食品表示義務へ影響を与えると見られているからです。この「提案37号」に関して2人のゲストが討論します。ステイシー・モルカンは長年にわたる環境衛生の提唱者で「37号にイエス、カリフォルニアの知る権利(Yes on 37 California Right to Know)キャンペーン」の広報担当です。デイビッド・ジルバーマンはカリフォルニア大学バークレー校の農業と資源経済学の教授で環境保全型資源開発センター(Center for Sustainable Resource Development)の所長を務めています。

  • カリフォルニア州で遺伝子組換え食材(GMO)の表示を義務づけるかどうかの投票が行われますが、本日は同州バークレーからジャーナリストでベストセラー作家のマイケル・ポーランに参加してもらい、この「提案37号」と本案が広範な食糧系に及ぼす影響について話を聞きます。ポーランは食品と食糧政策に関する米国の主要な作家・思想家の中の1人で、カリフォルニア大学バークレー校ジャーナリズム大学院の科学と環境ジャーナリズム学の教授で、英国で騎士の爵位も受けています。食糧に関する著作に『欲望の植物誌』『雑食動物のジレンマ』 『ヘルシーな加工食品はかなりヤバい──本当に安全なのは「自然のままの食品」だ』『フード・ルール』 そして近刊の Cooked : A Natural History of Transformation(『調理済み:変換の自然史』)などがあります。

  • ジャーナリストでベストセラー作家のマイケル・ポーランが、カリフォルニア州の伝子組み換え食品(GMO)表示を義務付ける「提案37号」からニューヨーク市でのソーダ禁止条例まで、米国の食糧政策について農産業界が圧力をかけ思い通りにしていることに対抗するには、各地域における取り組みがカギとなると話します。モンサントのような大企業が連邦議会や州議会に影響力を持つことに関して、ポーランは米国に「食品系に関する2つの階級」を作りかねないと警告を発しています。工業化した食糧体制の外側で生活できるだけの財力を持った人たちのみが健康的な食生活を手に入れることができる国になってしまうというのです。ポーランは食品と食糧政策に関する主要な作家・思想家の1人でカリフォルニア大学バークレー校のジャーナリズム大学院の教授。『ヘルシーな加工食品はかなりヤバい──本当に安全なのは「自然のままの食品」だ』などのベストセラーの著者です。

Syndicate content