« 前  

2012年4月27日(金)

  次 »
  • パキスタンの弁護士シャハザード・アクバルは米軍の無人機爆撃で殺された民間人遺族の代理人で、米国への入国を国務省にずっと阻まれてきましたが、今週やっとビザが降りました。アクバル弁護士は「無人機サミット:遠隔操作による殺人とスパイ行為」という会議に出席するため、ワシントンDCに到着したばかりです。このサミットは、死傷者を出す無人機攻撃の回数がオバマ政権下で増加していることに注意を喚起しようと、人権団体が集まって開催するものです。オバマ大統領は、米国の無人機爆撃は現役テロリストのリストにある人間たちに的を絞ったものであり、それによって多数の民間人犠牲者が出ているわけではない、と言います。これに対しアクバルは、「オバマが国民に嘘をついているか、あるいはほんとに世間知らずでCIAが(彼に)提出する報告を鵜呑みにしているかのどちらかです」と言います。このサミットは米国がイエメン国内で無人機爆撃を急激に拡大する状況の中で開かれます。相手が何者か確認せずとも特徴的なパターンを識別すれば爆撃できるという、いわゆる「識別特性」(signature)爆撃の方針が今月になって発効しました。

    週末に開催される無人機サミットの主催者の一人で、平和活動グループ「コードピンク」共同設立者のメディア・ベンジャミンにも話を聞きます。「ジョージ・W・ブッシュが行った特例拘置引渡し(米国が外国で捕まえたテロ容疑者を第三国の収容施設に送る超法規的措置)やグアンタナモ収容所や容疑者の無期限勾留措置には反対の声をあげた人の多くが、オバマ政権に対しては黙っています。たしかにオバマはそうした措置を取りませんが、その代わり単に容疑者を爆撃して殺してしまうだけなのです」とベンジャミンは言います。「ですからみんなに声を挙げさせたいのです。この政策は厳しく管理されているとオバマが言ったら、それは事実ではない、嘘っぱちだと、みんながいわなくちゃ」

  • ローマ教皇庁が米国最大のカトリック尼僧グループを叱責しました。社会正義の問題にばかり気を取られて、妊娠中絶や同性婚といった「極めて重要な問題」がおろそかになっているというのです。先週(4月第3週に)発表された報告によると、カトリック教会の指導者層は、尼僧たちが「急進的フェミニズム」を推進し、同性愛のことや司祭は男性に限るという重要な教義に異議を唱えているとして非難しています。大司教1人と司教2人が─みな男性です─尼僧たちを監督する役目に指名されています。「私にはさっぱりわかりません。貧者とともに働くことはイエスが福音書の中で私たちにやりなさいと説いていることです。それが批判の原因らしいのですから。」とシスター・シモーヌ・キャンベルは言います。彼女は先週の報告書を厳しく批判しているカトリック教会の中の社会正義グループNETWORKの代表です。報告書による叱責は、2012年米大統領選挙でいわゆる「女性に対する戦争」が争点のひとつに浮上してきたことと連動しています。カトリックの尼僧の一部はオバマ政権の医療保険制度改革や医療保険に避妊措置を含むことの義務化を支持して司教たちと対立しています。キャンベルは、バチカンが彼女のグループを攻撃しているのは彼女たちが医療保険制度改革を支持しているからだと思うと言います。「あの人たちは私たちがただ奉仕するだけで、ものを考えたり、疑問を持ったり、批判したりしないでいるのが好きなんです」とキャンベルは言います。「それはこの政治的社会にあってとても難しいことです。私たちはこのことに向けて、公共の利益のために前進する道をさぐるために、微妙なところを明らかにする深い分析を行わなくてはならないのに」

  • トランスジェンダーのアフリカ系アメリカ人女性が来週、第2級殺人罪で裁判を受けます。事件は昨年、彼女がミネアポリスのバーの近くで暴力を振るわれ人種差別的でホモフォビック(同性愛嫌悪的)な罵詈雑言を浴びせられた後に言い争いになって起きたとされます。彼女、クリショーン・“シーシー”・マクドナルドは頬を11針縫い、逮捕後には弁護士もつけられず事情聴取されて独房に入れられたと報道されています。死亡した被害者ディーン・シュミッツは胸にナチスの鉤十字の刺青をしていたという報道もありました。マクドナルドの支援者たちはこの事件は刑事司法制度におけるトランスジェンダーやアフリカ系の人々に対する偏見を象徴するものだと言います。「彼女の身に起きた事態にみんなとても怒っています。ヘンネピン郡が彼女の正当防衛の権利を認めなかったことにも怒っています」と、トランスジェンダーの若者支援ネットワーク(Trans Youth Support Network)事務局長ケイティー・バージェスは言います。彼女の助力でこの事件に社会的関心が集まりました。バージェスは白人以外のトランスジェンダーの人たちは白人のトランスジェンダーの人たちより差別を経験する確率が2倍も高いと指摘します。マクドナルドの親友の1人、レイブン・クロスにも話を聞きます。

Syndicate content