« 前  

2012年4月25日(水)

  次 »
  • 元死刑囚ムミア・アブ=ジャマールは死刑判決は破棄されたものの有罪判決は維持されているため未だ収監中です。彼の58歳の誕生日である24日、支持者たち数百人がワシントンDCの司法省前で事件への連邦政府の調査を求めて抗議活動を行いました。アブ=ジャマールは数十年にわたり、自分がフィラデルフィアの警官ダニエル・フォークナー殺害事件で有罪となったのは、公判判事と検事たちの人種差別によるものだと主張しています。昨2011年、第3連邦巡回控訴裁判所は彼に死刑を言い渡すことになった一審で陪審員たちへの指示が混乱を招くようなものであったため、終身刑ではなく死刑を選択するよう誘導されたと認定し、死刑判決を破棄するという下級裁判所の判定を支持しました。今年1月、アブ=ジャマールは独房から一般房に移されています。アブ=ジャマールの弁護士であるジュディス・リッターに法的な最新状況を聞きます。その後にアブ=ジャマールと電話で直接話します。

  • 今日は活動家たちが「1-T Day」(1兆ドルの日)と呼ぶ日です。米国の学生ローンの負債が1兆(1-Trillion)ドルにまで膨れ上がる日だからです。ウォールストリート占拠運動の複数のグループが集結して全米の大学キャンパスやコミュニティーで記録的な大学の学費の高さに抗議し、連邦政府が助成する学生用スタッフォード・ローンの低金利延長を求める集会を計画しています。若者たちの票を得ようと、オバマ大統領は24日、ノースカロライナ大学チャペルヒル校で行った演説で学生たちの負債の増加を問題視する姿勢をみせました。現役の博士課程の学生で「『学生負債を占拠しようキャンペーン』拒否の誓約」("Occupy Student Debt Campaign" Pledge of Refusal)の立ち上げに協力したパメラ・ブラウンと、ニューヨーク市立大学大学院教授で、最新書Rebel Cities: From the Right to the City to the Urban Revolution(『反乱の都市:都市への権利から都市の革命へ』)を出版したデイビッド・ハービー教授にも話を聞きます。「企業と富裕層などにより、教育にかかるコストを教育を受ける側に転嫁しようという大きな試みが進行中です」とハービーは言います。「彼らは自社の労働力を訓練するコストを支払いたくないのです。労働者が自費で訓練を受け、自分たちはただそれを使おうという魂胆なのです」

  • デモクラシー・ナウ!独占放送で、ムミア・アブ=ジャマールがペンシルバニア州フラックビルのSCI マハノイ刑務所から電話で出演します。彼は判決を受けてからほぼ30年間、この刑務所の独房で過ごし現在は一般房に移っています。彼が「小さな犬の檻」と呼ぶ、過去30年余りを過ごした独房よりは大きい房で暮らすことになったものの、この終身刑は「ゆっくりした死刑待ち」と同じもので、「時間的には長くなったとしても、これはゆっくり訪れる死に違いない」と彼は言います。2011年暮れに死刑判決が覆った後、アブ=ジャマールは彼の有罪判決における人種偏見と司法上の不当行為を告発することで釈放を勝ち取ることを心に決めていると言います。自身の釈放を求める運動について「我々は自由を求めているのだ」と語ります。彼の支持者たちは、公判判事と検事の人種差別がアブ=ジャマールへの死刑判決を招いたと、長い間主張してきました。アブ=ジャマールは、当時の法廷速記者がアルバート・サボ判事が彼の執務室で、「あのニグロを痛めつける手伝いをしてやる」と言った発言を聞いたと言います。この発言は、法廷のスタッフであり、裁判所の従業員であり、おそらくどの会話であっても最も良い聴き手である法廷速記者が聞いたのです。法廷速記者とは会話を聴き記録するのが仕事なのですから」とアブ=ジャマールは言います。「我々がこの事実を知ったのはずっと後の事ですが、その事実を書面で法廷に提出しても、基本的にはこの件を担当したどのレベルの裁判でも無視され続けたのです。どうしてこんなことが可能なのか? つまり、もうお分かりでしょうが、これは司法システムが不公平であるという一つの例であることは確かです」

  • 俳優で活動家でもあるダニー・グローバーが20年以上のムミア・アブ=ジャマール支援活動の中で初めてアブ=ジャマール本人と話します。「とにかく──今朝、こんな近くにきみの声を聞けるなんて思っていなかったから私は胸がいっぱいで──きみの釈放のための苦しい戦いをこれからも私たちは続けていく、と言うことを伝えたい。愛してるよ、ブラザー」とグローバーはアブ=ジャマールに話しかけます。アブ=ジャマールも「あなたの声を聞けてめちゃくちゃ嬉しいし感動している」と応えています。ウォール街占拠に関して、アブ=ジャマールはその抗議運動を「我々のこの現代における民主運動の最も偉大な進展の1つ」と呼びつつも、まだ生まれたばかりに過ぎないとしています。「もっとやるべき重要なことがある。それは他の人々の運動とつながってこの国を変えることのできるような抵抗運動のようなものを作り上げることです」

Syndicate content