« 前  

2012年4月19日(木)

  次 »
  • ロサンゼルスタイムズに掲載された2枚の写真、米国兵士がアフガニスタン人の遺体や遺体の一部とともにポーズしている写真について反応を聞いて見ましょう。「実際、この二枚の写真は、アフガニスタンの人々によりも、我々(米国人)にショックを与えたと思います」とジャーナリストのアナンド・ゴパルは言います。「アフガニスタンの人から見れば、米軍は、遺体に小便を掛け、空爆で17人の市民を虐殺し、戦利品がわりに遺体の指を切り取った連中です。ですから、アフガニスタン人にすれば、戦争の渦中に置かれるとは、こういった目にあうことであり、それが戦争の実態なのです」。一方、北大西洋条約機構(NATO)の同盟国のうち数か国が、アフガニスタンから外国の軍隊が撤退したあと、アフガニスタンの軍隊の費用の負担を引き受けることを約束しました。米国と他の国々は2014年の終わりまでにアフガニスタンから撤退することを予定しています。「もし我々が米国とオーストラリア政府、及びその他の国の政府がアフガニスタンでの長期的な戦略としてお膳立てをしている合意に取り合わなければ、世界のこの地域で武力抗争が激化するでしょう」とアフガニスタン、カブールに本拠地を持つアフガン・ユース・ピース・ボランティア(Afghan Youth Peace Volunteers)のコーディネーター、ハキムは言います。

  • 4月第2週シリア北部の町のタフタナツで起きた激しい戦闘で生き残った人々への取材を終え、ジャーナリストのアナンド・ゴパルはシリアから戻ったばかりです。記事によると、4月第2週に発効した国連支持の停戦協定を破り、シリア政府軍は引き続きホムズ、ハマや他の都市の反政府勢力の拠点を攻撃しています。「どの町でも村でも、基本的には人口のすべてが革命を支持して立ち上がっています」とゴパルは言います。「小さな子供からお年寄りまでです。本当にこのようなことは見たことはありません。私は革命が大衆的、民主的な基盤を持っていることを、そしてそれはアサド勢力が持ち得ないものだと言うことを見て取りました。」

  • 二人におよそ一人の米国人、すなわち1億5千万人の米国人が、貧困層または低所得者層に属することが最近の人口調査の結果で明らかになりました。コーネル・ウェスト博士とタビス・スマイリーの二人に話を聞きます。彼らはThe Rich and the Rest of Us: A Poverty Manifesto (『お金持ちとそれ以外の私たち:貧困マニフェスト』)というタイトルの新しい本の中で、貧困への危機についての国民的な対話を巻き起こす努力を続けています。受賞暦のあるテレビとラジオのキャスター、スマイリーは、オバマ大統領は貧困問題へきちんと取り組むことをし損ねたと言います。「貧乏人などどうでもいいという超党派的な合意がワシントンにはあるようです。オバマ大統領もその一人です。オバマ大統領の医療改革への取り組みは申し分ないと思います。でも、すべての米国人に仕事を与えることが、第一の最優先だったはずです」とスマイリーは言います。プリンストン大学で宗教学とアフリカ系米国人学の教授をしているウエストは、米国は君主政治、奴隷制度と制度化された人種差別との歴史的な闘いを経て、「今は寡頭制と言う問題を抱えています。貧困は新しい奴隷制度で、少数の金持ちが王となっています。この新たな支配体制の支配者にね。」と述べます。

Syndicate content