« 前  

2012年4月9日(月)

  次 »
  • マリで、3月のクーデタ-で反乱軍に追放されたアマドゥ・トゥマニ・トゥーレ大統領が正式に辞任し、政権は4月下旬に行われる選挙後にマリ議会に移行される予定です。反乱軍は、トゥーレ大統領が同国北部主要都市の制圧に成功したトゥアレグ人反政府勢力の蜂起に対する対応を誤ったとして、政権を掌握したと話しています。政府側は、反政府勢力はトゥアレグ人の分離主義者とアルカイダと関連のあるイスラム主義者で構成されていると主張しています。本日は、アフリカにおける社会正義の確立を目指すサイトの「パンバズーカニュース」編集長、フィロゼ・マンジに話を聞きます。彼は、元アムネスティ・インターナショナルアフリカ支部長です。最近では、「African Awakening: The Emerging Revolutions(アフリカ人の覚醒:革命の台頭)」の共同編集を行いました。マンジは、マリ、セネガル、そしてそのほかの地域の政情不安定は、主に国際通貨基金(IMF)や世界銀行が多くのアフリカ国家に押し付けた新自由主義政策により「われわれが過去30年間にわたって独立の利得を全て失ったという事実によって引き起こされている」と語ります。「人びとは、政府が市民に対してよりも銀行や国際的な多国籍企業に対して責任を果たしていると感じています」

  • 今年2月に銃を突きつけられて辞任を強いられ、失脚したモルディブ大統領のモハメド・ナシードに、自国での民主化をめぐる闘いについて話を聞きます。驚くべきことに、米国政府は、独裁者だったマウムーン・アブドル・ガユーム元大統領を支持する新政権すぐさま承認しました。ナシードは長らく民主化運動を行い、ガユーム政権下では6年間投獄されました。ナシードが気候変動の根本的原因の解決に取り組む指導者として国際的に認識されていたこともあり、このクーデターは世界中を駆け巡るニュースとなりました。モルディブは海抜が最高でわずか1.3メートルで、他の島しょ国とともに地球温暖化による海面上昇に対してとても脆弱な状況にあります。また、現在公開中のナシードの姿を追った新作ドキュメンタリー映画「The Island Prsident(島の大統領)」の監督ジョン・シェンクにも話を聞きます。

Syndicate content