« 前  

2011年9月29日(木)

  次 »
  • 映画製作者のマイケル・ムーアは、9月21日に死刑囚トロイ・デイビスの死刑が執行されたジョージア州刑務所の外から生中継をしたデモクラシー・ナウ!を見ていた世界中の視聴者の一人です。死刑執行のニュースが報じられた後、現場でデモクラシー・ナウ!の司会者エイミー・グッドマンがインタビューした中の一人によって、ムーアがいかに触発されたかを話してくれます。ウェズリー・ボイドと名乗ったこの男性は、デイビスの死刑執行への対応として直ちにジョージア州をボイコットすることを呼びかけました。ムーアはそれを見て、彼の本を出している出版社に、「自分の名前で作られたどんな商品もジョージア州には置きたくない」として、ジョージア州の書店から彼の新刊の全ての部数を回収するよう求めました。新刊はすでに店頭に並んでしまっていると告げられたムーアは同州の本の売上げの収益をイノセンス・プロジェクトと投票登録の促進活動に寄付することを決めました。また、自分と同姓同名の死刑囚についてムーアが行った過去のプロジェクトについても話してもらいます。この話題については、彼の新しい回顧録Here Comes Trouble: Stories from My Life(『トラブルがやってきた:私の人生からの物語』)の中のThe Execution of Michael Moore(『マイケル・ムーアの死刑執行』)という章に書かれています。

  • 保険に入っている米国人労働者の医療費は、ここ1年で家族プランの保険料が9%増になるなど上昇し続けています。当番組によるインタビューの中で映画製作者で作家のマイケル・ムーアが、医療保険会社が、保険料から得ている資金を彼自身を含むを含む批判者切り崩しのために使っている状況を話してくれた部分をお送りします。医療保険会社の内部告発者ウェンデル・ポッターは、以前にデモクラシー・ナウ!のインタビューの中で、同業界の幹部らが、営利目的の米国の医療システムを扱ったムーアの2007年の映画『シッコ』への攻撃をいかに企てていたかを明らかにしていました。

  • マイケル・ムーアは映画『華氏911』の中で、ブッシュ政権当局者と関係者、サウジアラビア王家、そして米国への9.11テロ攻撃を行ったとされる人物たちとの間の複雑なつながりを検証しました。現在ムーアは、9.11の捜査を再開することをオバマ大統領に要求している元フロリダ州知事で上院議員のボブ・グラハムを支持しています。さる高名なサウジアラビア人の関与の可能性についての新情報がでてきたからです。最近の報道によると、2001年9月11日の約1週間前に、裕福な若いサウジアラビア人夫婦が3台の車とほぼすべての所有物を残したまま、フロリダ州サラソタの、塀で囲まれた富裕層専用の住宅地にある自宅から逃亡しました。「答えが出ていない疑問がたくさんあるが、答えを見つけるべきだ」とムーアは言います。同映画の批判者らによって彼自身も標的になりました。ムーアが、同映画によってブッシュ再選の機会を逃すことをブッシュ政権がいかに懸念していたかについて、そして暴露されたムーア攻撃計画の数においてムーアは当時のブッシュ大統領に次いで2番目に多いことがわかったことについて話してくれます。

  • ケニア人環境活動家でアフリカ人女性として初のノーベル平和賞を受賞したワンガリ・マータイが9月25日、癌との闘病の末71歳で死去しました。彼女は1977年に、ケニア政府が支援する森林伐採に反対する闘いの先頭に立ってグリーン・ベルト・ムーブメントを立ち上げ、この活動は同国に数千万本の植林を行ってきました。彼女はまた、女性の権利と民主主義の発展のために積極的に発言する活動家でもありました。彼女は1984年にライト・ライブリフッド賞を受賞し、その20年後には史上初のアフリカ人女性ノーベル平和賞受賞者となりました。2009年のデモクラシー・ナウ!での彼女のインタビューと、2004年のノーベル平和賞受賞スピーチの抜粋を放送します。

Syndicate content