« 前  

2011年7月22日(金)

  次 »
  • 全米労働関係委員会(NLRB)が、カリフォルニア州最大の病院チェーン「カイザー・パーマネンティ」の43000人の従業員を代表する2つの組合の間で昨年行われた選挙の結果を取り消すように勧告しました。この2つの組合とは巨大なサービス従業員国際組合(SEIU)と、そこから分裂したはるかに小規模な全米医療労働者組合(NUHW)で、激しい攻撃の応酬の末にSEIUがNUHWを破りました。しかしNLRBはこのほど、SEIUに不当行為があり、カイザーと仕組んで投票結果に影響を及ぼしたと判定したのです。デモクラシー・ナウ!の共同ホストでニューヨーク・デイリー・ニューズ紙のコラムニストであるフアン・ゴンザレスが、この労働運動にとっての「重大決定」についてコメントします。

  • 国連が「アフリカの角」地帯の干ばつに関して話し合う緊急会議を招集しました。国連によればすでに数万人が命を失っているとのことです。20日にはソマリアの2地方で飢饉が宣言されました。計370万人に火急の人道支援が必要な状態です。これに加え800万人がケニヤやエチオピアなど近隣諸国の食料援助を必要としています。国連事務局長の潘基文は状況を「紛争と食料高騰と干ばつの破滅的な組み合わせ」と呼び、即時の支援を訴えました。ナイロビに飛んで国連人道問題調整事務所のキキ・ベーホに最新状況を報告してもらいましょう。また、Tropic of Chaos: Climate Change and the New Geography of Violence(『混沌の回帰線:気候変動と新しい暴力地図』)の著者クリスチャン・パレンティにも話を聞きます。「これはここにいる人々には昔から予想できていたことです」とパレンティは言います。「これは戦争と気候変動と粗悪な政策の組み合わせで起きたことです。特に地方政府が極端な自由市場を容認する政策をとっており、これが牧畜民への補助を取りやめることにつながっている。牧畜民というのは、皆さんが目にしている餓死した牛と一緒にいるような人たちのことです」

  • オバマ大統領と共和党のジョン・ベイナー下院議長が、8月2日の期限前に連邦債務の上限を引き上げるための取り引きの一部として、3兆ドルの財政赤字削減案パッケージの合意に近づいていると言われています。しかしこれは両党の議員から批判の的になっています。個人と法人の所得税率を下げることを求めていながら、たとえば住宅ローン金利分の控除など一連の大衆的な租税優遇措置を廃止するか縮小するとしているからです。民主党の議員の何人かが21日、怒りを表明しました。オバマ・ベイナー合意がソーシャル・セキュリティーやメディケアの手当を削減しないという民主党の公約に表向き違反しているためと、金持ちたちの税優遇措置を縮小させることなく貧困対策の大幅縮小はしないと言ったオバマ自身の公約にも違反しているというのです。経済学者のマイケル・ハドソンに話を聞きます。彼は長期経済動向学研究所(Institute for the Study of Long-Term Economic Trends)の所長でカンザスシティのミズーリ大学の経済学研究教授(Distinguished Research Professor of Economics)の称号を持ち、著書には Super-Imperialism : The Economic Strategy of American Empire(『超帝国主義:アメリカ帝国の経済戦略』)があります。

  • ケーブルテレビの24時間ニュース局MSNBCは、午後6時からの有名なアル・シャープトン師のプライムタイム枠をジェンク・ユーグルに与える準備を進めてきました。しかしインターネット経由のトーク番組ホストとして6カ月近い試験期間の後で、MSNBC社長のフィル・グリフィンはユーグルに巨額ながらあまり目立たない枠での番組ホストを提示したのです。ユーグルはこのオファーを断りました。この降格の決定は政治的な動機によるものだという理由です。ユーグルはワシントンでも政治家に最も攻撃的な質問をする人物、有名政治家にも食ってかかる人物として知られており、それがMSNBCの重役たちに二の足を踏ませたのだと彼は言います。彼によれば、グリフィンは4月に彼をオフィスに呼んで、ワシントンの連中と話をしてみたが彼らはどうもきみの話し振りが気に食わないようだと話したと言います。そのユーグル本人に話を聞きましょう。彼はいくつかリベラルなウェブサイトでブログをもっており、インターネットとラジオで「青年トルコ」(The Young Turks)といった人気番組を持っています。「企業メディアですからね。MSNBCだけの話じゃないですよ。CNNなら番組ホストが政府高官に激しく糾弾できると思います? 私はそうは思わないな」とユーグルは言います。

Syndicate content