« 前  

2010年9月14日(火)

  次 »
  • 環境保護庁(EPA)はニューヨーク州ビンガムトンで、<水圧破砕に関する公聴会を開始しました。水圧破砕は、「フラッキング」とも呼ばれ、鉱業会社が地下数千フィートの岩層から天然ガスを抽出する際に使い、論議を呼んでいます。>この公聴会は、フラッキングが人体と環境に及ぼす影響についての広範な調査の一環として行われています。サンダンス映画祭で受賞し、9月15日から全米公開されるドキュメンタリー、<ガスランド>の監督ジョシュ・フォックスと、天然ガス掘削について幅広く記事を書いているプロプブリカの記者アブラム・ラストガーデンに話を聞きます。
  • 当番組で進行中の音楽と抵抗シリーズの一環として、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン(RATM)のトム・モレロと、ザ・クープのブーツ・ライリーから話を聞きます。二人が結成したバンド、ストリート・スウィーパー・ソシアル・クラブは最近、新アルバムThe Ghetto Blaster EP(ザ・ゲットー・ブラスター・EP)を発表しました。
  • 過去半世紀以上の中で最大の民間セクター労働組合の選挙が行われます。カリフォルニア州のカイザー・パーマネンテ系列病院の4万3000人の医療従事者たちは、Service Employees International Union(SEIU)か、同組合から分離したNational Union of Health Workers (NUHW)のどちかを選ぼうとしています。労働<評論家>のマーク・ブレナーから話を聞きます。
Syndicate content