« 前  

2010年7月30日(金)

  次 »
  • オバマ大統領が29日、全国都市同盟の100周年記念総会で1時間近い演説を行い、そこで連邦政府の包括的教育改革プランに対する批判に反論を行いました。この演説の直前には、ニューヨークの公立学校の児童生徒たちの州テストの成績が前回に比べて今回はひどい成績だったというニュースがあったばかりです。ジョージ・H・W・ブッシュ政権の教育次官補だったダイアン・ラビッチと、少人数学級推進の非営利団体「クラス・サイズ・マターズ」の事務局長レオニー・ハイムソンに話を聞きます。
  • アリゾナ州で29日、同州の新しい移民排斥法に抗議する人たち少なくとも50人が逮捕されました。同法は29日に発効しましたが、連邦判事は同法の4つの主要条項の施行を差し止めています。最も大きな抗議活動は州都フェニックスにあるジョー・アルパイオ保安官の監督するフォース・アベニュー拘置所の前で行われました。草の根移民権利運動プエンテ・ムーブメントの筆頭主催者カルロス・ガルシアに話を聞きます
  • アリゾナの移民排斥法をめぐる熱い議論や全米に広がるアリゾナ・ボイコットの声にプロスポーツ界も影響されないわけはないでしょう。ニューヨークでは今夜、クイーンズ区のシティフィールド球場前でデモが予定されています。今夜のNYメッツの対戦相手がアリゾナ・ダイアモンドバックスだからです。スポーツライターのデイブ・ザイリンに新著Bad Sports: How Owners Are Ruining the Games We Love(『バッド・スポーツ 人気試合を仕切るオーナーたち』)について話してもらいます(訳者:Bad Sportsには「イヤな連中」という意味があります)。
  • 米中央情報局(CIA)とグーグルの投資部門が「レコーデッド・フューチャー(Recorded Future)」という企業を支援しています。この会社は、数限りないウェブサイトやブログ、ツィッターのアカウントをリアルタイムで監視し、そこから浮かび上がる特定のパターンやイベントや人間関係から将来を予測しようとしています。グーグルはこの他にも、いわゆる「Wi-Spy(ワイ-スパイ)」疑惑が持ち上がったばかり。グーグルのストリート・ビュー撮影車両が世界約30カ国で過去3年にわたって個人のWiFiネットワークをスパイしていたというスキャンダルです。

    ★ 字幕動画はこちら

Syndicate content