« 前  

2010年7月13日(火)

  次 »
  • アカデミー賞を2度受賞した俳優で監督のショーン・ペンは7月12日、30万人が死亡し150万人以上が家を失ったハイチ大地震から半年を記念する式典で、ハイチ政府から表彰されました。ペンは最初、緊急救助活動を助けるため、地震直後にハイチに来ました。彼は自分が始めたことを終わらせるため滞在し続けることを決めました。彼はJ/Pハイチ救済組織(J/P Haitian Relief Organization)を共同設立し、現在約5万5000人が避難するペチョンビル・ゴルフコースのテントキャンプを運営しています。デモクラシー・ナウ!は7月11日、ショーン・ペンのキャンプを訪れました。我々が飛び込みで入って行き、彼と話すことを求めると、大きなテントへ案内されました。結局そこで、ハリウッドスターの彼に、ハイチのこと、復興の努力とその不足、彼の人生と今の彼の活動の動機について1時間以上にわたって聞くことができました。
Syndicate content