« 前  

2010年7月2日(金)

  次 »
  • 金融規制の徹底見直しの法案を通すには、上院では民主党のラス・ファインゴールド議員が再び反対票を投じると表明しているためにまだ1票が足りないようです。3週間以上にわたる両院協議会の交渉の末、同法案は今週下院を通過しました。投資銀行家からジャーナリストに転身したノミ・プリンズに話を聞きます。彼女はIt Takes a Pillage: Behind the Bonuses, Bailouts, and Backroom Deals from Washington to Wall Street(『略奪:政界から金融界まで ボーナスと公金注入救済と裏取引の背景』)の著者です。
  • 先週のG20での大量逮捕を受け、カナダ市民権協会がトロント市警を訴えることを検討中だと明かしました。推計で1000 人もの人びとが逮捕され、その中にはジャーナリストも数多く含まれていました。この非道な警察の取り締まりに抗議する集会が1日、トロント、モントリオール、ウィニペグで開催されました。市民権活動家たちはまた、G20前にトロント市警が先例のない新設の逮捕権限を秘密裏に与えられていたことがわかって憤慨しています。デイビッド・バッシーに話を聞きましょう。彼は、G20サミットの開催地近くで自らの身分を証明できない者は誰でも警察が拘束できるというトロントの新条例に基づいて逮捕された最初の人物です。
  • G20関連ニュースを続けましょう。カナダ平和同盟の全国コーディネーターであるシド・ラコンブの話を聞きます。彼の自宅が、G20サミット直前に何者かによって侵入され物が盗まれたことを明かしています。
  • トロントではG20サミットで世界の首脳たちが集まる中、G20の目標に反対する世界の主要な活動家たちもかけつけ、数千人がトロントのマッシー・ホールに結集しました。モード・バーロウもこのイベントの重要な演説者の1人でした。彼女はカナダ最大の公共アドボカシー団体である「カナダ人評議会」の代表であり、ブループラネット・プロジェクトの創設者です。 ★ 字幕動画準備中
  • オバマ大統領が1日、移民問題に関して初めて本格的な演説を行い、包括的移民制度改革法の早期成立を情熱的に訴えかけました。その抜粋をお送りするとともに、2人のゲストから話を聞きます。コロンビア大学教授でImpossible Subjects: Illegal Aliens and the Making of Modern America(『不可能な問題:不法外国人と現代アメリカの成立』)の著者メイ・ンガイと、25歳の学生ギャビー・パチェコです。パチェコは他3人の学生とともに今年マイアミからワシントンDCまでを4カ月かけて歩き通し、途上さまざまな人びとに自身が無届けの移民として育ってきた経験を話しつつ、大統領には国外追放をやめるように訴えてきました。
  • 今日の放送の最後はメキシコ湾岸からです。米史上最悪の原油流出は今日で74日目。全米の家族が7月4日の独立記念日を祝うこの週末、私たちは数週間前に現地報告をお送りしたルイジアナに思いを馳せます。原油流出で壊滅的な打撃を受けているグランド・アイルの映像をお送りします。
Syndicate content