« 前  

2010年5月20日(木)

  次 »
  • BPの原油流出から1ヶ月。環境保護庁(EPA)の上席捜査官で、ツンドラに25万ガロンが流出した、アラスカ、ノーススロープのパイプラインからの大規模な石油漏出の際、BPに対する捜査を指揮したスコット・ウェストに話を聞きましょう。 ウェストの捜査が終了しないうちに、ブッシュ政権の司法省は、BPと和解し、同社は2000万ドルの支払いに合意しました。 同時に、BP は5000万ドルの示談金を支払い、労働者15名が死亡したテキサスシティの精製所の爆発に関する起訴を逃れました。
  • 17日に移民の権利を擁護する3人の青年活動家が、ジョン・マケイン共和党上院議員の事務所で座り込みをして逮捕され、国外退去の可能性に直面しています。 彼らは、不法就労者の子供が、大学で2年間の学業を修了すれば市民権を与えられるという DREAM 法案を支持するよう、マケイン議員に要請しに行きました。 3人は全員、不法滞在者であり、移民改革法案を支援して国外退去の危険をおかした初の活動家になりました。 3人の活動家にフェニックスから話してもらいましょう。
  • 2部構成の特集記事 シリーズ、「内部告発者を黙らせろ」、によれば、大銀行内で違法行為調査担当者が、疑わしい行為を上司に警告しようとすると、無視されるだけでなく、いやがらせを受け、昇進から外されたり、解雇さえされることがあることがわかりました。 同記事の著者でジャーナリストのマイケル・ハドソンと、記事に登場する内部告発者のひとりで、アメリクエスト社の元住宅ローン詐欺主席捜査員のエド・パーカーに話を聞きます。
Syndicate content