« 前  

2010年2月3日(水)

  次 »
  • 米国防総省の上層部は初めて、ゲイやレズビアンであることを公言している人々の従軍、あるいは従軍中に公言することを禁じた同性愛公言禁止(Don't ask, don't tell)政策を撤廃することを要請しました。ゲイであることを理由に除隊処分になった前陸軍情報将校アレグザンダー・ニコルソンに感想を聞きます。もう1人、Unfriendly Fire: How the Gay Ban Undermines the Military and Weakens America(『 アンフレンドリー・ファイア:いかにゲイ排除が軍とアメリカを弱体化させるか』) の著者ナサニエル・フランクからも話を聞きます。
  • ガボール・マテ博士はカナダ・バンクーバーにあるポートランド・ホテル・ソサエティの常勤医です。バンクーバーは麻薬使用者が世界で最も多い地区の1つでもあり、同ソサエティは麻薬依存症に付随する危険を少しでも減らすことを目的とした滞在型施設を運営しています。この施設は専門家の監督の下での安全な麻薬注射の場を提供している北米で唯一の場所です。マテ博士はこれまでベストセラーを4冊刊行していて、最新の本はIn the Realm of Hungry Ghosts: Close Encounters With Addiction(『餓鬼の領分で:依存症を考える』)です。この著作で博士は、生物学的かつ政治的な原因の理解を取り入れた、依存症の新しい治療方針を提案しています。博士にはまた、注意欠陥・多動性障害に関する研究と心と体の関係についても話をしてもらいました。
Syndicate content