« 前  

2009年12月14日(月)

  次 »
  • 12日、10万人を超える人々がコペンハーゲンでデモ行進し、公正な環境政策に合意するよう各国首脳に求めました。デモを先導したのは、気候変動について最前線で活動を行っている先住民のリーダー達で構成される代表団でした。デモ行進の現場とデンマーク国立博物館で、デモクラシー・ナウ!のアンジャリ・カマトとエリザベス・プレスが、先住民の活動家たちに話を聞きました。
  • デモ参加者10万人が12日、デンマーク国会から国連気候変動会議が開かれているベラセンター前までコペンハーゲン市内を行進しました。このデモに連帯し、3000を超えるイベントが世界各地で開催されました。ビッグ・ノイズ・フィルムの映画製作者ジャッキー・スーヘンによる報告です。
  • 世界的に著名なインドの環境活動家で思想家のバンダナ・シバが、12日にコペンハーゲンで実施された抗議運動に参加した数千人の前で語りました。13日、市民気候サミット「クリマフォーラム」にてシバに話を聞く機会を得て、オバマ米大統領への評価や、気候変動会議で同大統領が何を代表することになるかについて質問しました。
  • 12日のコペンハーゲンでの抗議運動は非常に平和的に行われましたが、一部では特定の器物などを破壊する出来事も起きました。参加者の多くが驚いたことに、デンマーク警察は1000人近くを拘束しました。数百人が手錠をかけられ、こごえる路上で数時間にわたって拘束されました。デンマークでは、新たに制定された法律により、近い将来違法行為をはたらく可能性があると判断した人々を警察があらかじめ取り押さえ、12時間まで拘束することができます。Sky、インディメディア・デンマーク、スパイク・アペルの協力を得た、デモクラシー・ナウ!のハニー・マスードのレポートです。
  • ベナン出身のアフリカ人シンガーソングライター、アンジェリーク・キジョーに話を聞きました。キジョーはこの一週間、国連児童基金(ユニセフ)親善大使として活動するためにコペンハーゲンに滞在しています。デンマークの国会前で数千のデモ参加者に対して演説を行ったキジョーにインタビューしました。
  • 南アフリカのデズモンド・ツツ元大主教も、前週末にコペンハーゲンを訪れ、各国首脳に気候危機に取り組むよう訴えました。12日、長年にわたり反アパルトヘイト運動に関わり、さらにノーベル平和賞を受賞した同氏に、国連の気候変動サミットの会場そばで行われたキャンドルビジル(徹夜の集会)で話を聞きました。
Syndicate content